2016年02月19日

火の粉が嫌で(?)「言論弾圧」を放置する報道機関

例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権もない、何もない。ルーサーキングが出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさかアメリカの建国、あるいは当初の時代にですね、黒人、奴隷がですね、米国の大統領になるなんてことは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんですよね

http://www.asahi.com/articles/ASJ2K73JPJ2KUTFK010.html

恐らく「これは奴隷ですよ。はっきり言って」が問題となっているのだと思いますが、「これ」は、黒人を表すはずです。

流石にアメリカ大統領のオバマ氏を「これ」とは言わないでしょう。

また、それに続く文章も主語が「黒人」です。

つまりは、「はっきり言って、黒人は昔アメリカでは奴隷でした」と言っているだけです。

国会では昔アメリカでは黒人は奴隷で、それが開放されて今や大統領になったという歴史を語ってはいけないのでしょうか?

確かに、重要な部分で言葉遣いが曖昧ではありますが、通常話をする範囲には収まっていますし、日本において特別な慎重さが求められる程の微妙な話題でもありません。


民主党が無茶苦茶でも別に驚きませんが、それに異を唱えないマスコミは大問題です。

ただ、もしかしたら、口の軽い変なおっちゃんに関わって火の粉を浴びたくないということなのかもしれませんが、それでも仕事でやってるはずの報道機関がそれでダンマリでは力がなさ過ぎです(読者に全文を見せて判断を促した朝日はここではマシ。産経はわざと黙っていたのなら見事)。

しかし、丸山氏は幸いにして弁護士で、戦うつもりはあるようですので、議員辞職勧告決議案を出した民主、社民、生活の3党は、意図的に事実を捻じ曲げて確定しての名誉毀損ということで、理論上ではまとめて抹殺ということになるのではないでしょうか。


それより、

例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、憲法上どのような問題があるのか、ないのか

こんなどうしようもない問いかけを投げる人物が何故国会議員なのでしょうか?

アメリカを高く評価をしているのは分かりましたが、良いところばかりを見て言っているようですし、どういうつもりなんだと呆れ果てます。

2015年12月11日

韓国と日本の報道センス

「靖国爆発」事件(靖国・手製爆弾テロ事件)に関してですが、

報道官は「(全容疑者の)身元が過剰に詳しく公開されたことなど、日本メディアの報道姿勢に対し、外交ルートを通して公式に日本側に抗議した」と述べた

http://www.sankei.com/world/news/151210/wor1512100047-n1.html

韓国のマスコミは、犯罪被害者に関しては、病院の病室にまで押しかけて、包帯塗れの負傷者に容赦なくカメラを向けてコメントを求めるのが常のようです。そして、その非常識な映像は、かつて日本人に大きな衝撃を与えた、と思います。

しかし、容疑者に関しては妙に慎重のようです。

ただ、考えてみれば、容疑者の段階でその個人情報の扱いに注意を払うのは、当たり前であるように思います。

これに関しては、珍しく韓国のあり方に少々感心してしまいました。(汗)

しかし、勿論韓国政府は、日本のマスコミの問題で、何故か日本政府に抗議するという非常識さを発揮していますので、まぐれ当たりもあるという事なのでしょう。

何ともややこしい国だと呆れます。

日本のマスコミは、韓国政府に「あれは重大なテロ事件で、犯人だと断定される人物が捕まったんだぞ、韓国の認識は甘すぎる!」と言ってやるべきでしょう。

誰もテロなんて言っていないって?? ・・・一体どうなっているんですかね?(笑)

2015年12月09日

朝日新聞の韓国関連記事がどうかしてる

【2015年12月8日05時00分】31も連なる座席・ボール見えにくい天井… 韓国初のドーム球場、批判が殺到11月初頭からの話題

【2015年12月8日06時36分】韓国初のドーム球場「21世紀最悪」 不便だと批判殺到何故同一記事をタイトルを替えて連投?? 重要性も低いはずなのに。

【2015年12月7日】日本人女性、整形手術後に宿泊先で死亡 韓国・ソウル11月25日の話題

これではニュースとは呼べないでしょう。

どうかしたのでしょうか??

同記者の記事一覧

2010年09月04日

ご来光渋滞

8月3日のテレビ東京の「ガイアの夜明け」でアウトドアブームについて特集していまして、その中での話です(単なる覚書というか、一種の面白ネタです)。

専門のコンダクターが、若干高価な料金を払った女性達からなる少人数のグループを引き連れて富士山に登っていまして、頂上でご来光を仰ごうと午前2時に頂上付近に着いたのです。そして、そこで視聴者が目の当たりにすることになったのは、まごうことなき観光地の現実です。

何と、タイトルの通り「ご来光渋滞」という名の大渋滞です。

人が持つ、もしくは頭に付けた懐中電灯の明かりが延々と、絵にかいたような山のクネクネ道に続いていまして、恐らくその午前2時の時点で、既にもはや頂上には上がれない人達は500人〜1000人程度はいたように見えました(テレビでは満員電車に例えていましたが、さすがにそこまでではなかったです)。

富士山頂上と言えば俗世から離れたイメージがあると思いますが、人気ゲームやiPad等を買うために早朝から並んでいる列と大差ない光景が、何故か富士山の山頂にも広がっているのです。

世の中が、いかにも狭く、つまらないものになってしまったかのような絶景でした。

…勿論冷静に考えれば、渋滞する日は土曜の夜や連休絡みだと思います。そういう日にしか登れないのであれば、覚悟するしかありません。

2010年07月01日

中国人の対日感情の一つの深層

中国人の対日感情の「深層」には、何事も徹底する日本人を「不気味」に感じることがあるとの指摘がある。かつては徹底的な「軍国主義」で、中国を含む近隣諸国を侵略、戦後になると他国では考えられない「品質の徹底追及」で、世界屈指の経済大国に成長。そのため日本人は「何をするか分からない。どこまでやるのか、見当もつかない不気味な民族」に思えるという。

 中国人の多くが、自国民を「いいかげんな部分が多い」と問題視しているだけに、日本人の徹底ぶりが異様に思え、「称賛すべき部分はあるが、自分たちにはできないことを、平然とこなしてしまう」と、一種の劣等感が、自分でも気づかぬうちに、日本人に対する反感に転じる場合があるという。(by 「PK戦でひざまずき祈る日本選手、中国人に衝撃・賛否両論=W杯」)

…そんな見方はあったとは驚きです。勉強になりました。

ただ、日本代表が跪いたのは、駒野がPKを外して以降だと思いますが。

2010年04月19日

【捕鯨問題】アメリカでは犬猫を日本の約15倍処分している

50歳からのペット吟味に吟味を!!

ところが、犬猫の殺処分数は31万457匹(07年)。米国に至っては、毎年400万〜500万匹が殺されている。鯨やイルカの保護も大事だが、米国人の頭の中身も変えるべきだ。

何気なくクリックして見てみたら、gendaiが非常にまともな記事を書いていたので驚きました。

ああ、そう言えば雪が降ったりしたな、と。

それはともかく、アメリカの人口は3億人を超した程度なので、日本の約2.5倍です。にもかかわらず約15倍も処分しているので、約6倍ということになります。もしかしたら野犬や野良猫も多いのかもしれませんが、鯨の心配をする前にそちらをどうにかしたらどうかと、確かに言いたくなります。


政治問題のブログ

何と言いますか、政治のブログを新しく作りました。

隔離版(ブログ)だとは言いませんが、そういったニュアンスも全然ないとは言いません。(笑)

5月末に向けてルーピーなる人物が盛り上げて下さる予定になっていますので、良かったら読んで下さい。

これで、ここも元通り(のはず)です。(笑)

2010年02月12日

鳩山首相に必要なのは個人献金

「国民が幸せを感じていただけることが一番のプレゼントだ」

言いたいことは分からないではないですが、鳩山氏がプレゼントとして必死に請わなければならないのは、個人献金です。

何と言っても、もう「ズル」は使えませんので。

明らかにカッコつけている場合ではありません。…気持ち悪いですね。


2009年09月08日

何と読売新聞が朝日の「誤報」を〇〇か?

朝日新聞の半年遅れのスクープ記事が意外な展開を見せています。
(※こちら「民主主張「高速道無料化」試算…国交省が資料隠蔽か」が半年前の記事です。はてなブックマーク > 高速無料化:効果2.7兆円 民主「試算隠し」批判 - 毎日jp(毎日新聞)。記事自体は削除されていますが、毎日新聞のもありました)

高速道無料化「試算なし」と答弁 国交省、2月の国会質問で
高速無料化の経済効果 「試算存在せず」はウソだった

共同通信とJ-CASTニュースが何故か釣られていますが、朝日の問題の記事は2009年9月6日5時5分付けとなっていまして、朝日的には9月5日中に掴んだ情報のようです。
しかし、共同通信とJ-CASTニュースは9月7日付けで発覚した情報として報道しています。
何故共同とJ-CASTがその日付になっているかというと、どうやら7日に朝日が鳩山氏に他の記者達の前で直接聞いたようなんです。

高速無料化試算、次官「隠してない」 政治家の関与も?

民主党の公約である「高速道路無料化」の影響を調べた試算を国土交通省が公表していなかった問題で、民主党の鳩山代表は7日、記者団に「政権を取ることで隠蔽(いんぺい)的な姿が一掃され、真実の姿を国民にあらわすことができる」と述べ、政権発足後に真相究明に取り組む姿勢を示した。
なので、共同とJ-CASTはその取材でのやり取りをソースにしているものと考えられます。
しかし、謎なのが、読売新聞です。

高速無料化2・7兆円効果、国交省試算が存在か(←期限切れ ⇒「ジョブサーチ」)

この記事の日付は2009年9月6日19時47分となっています。
なので、情報源は7日の鳩山氏への取材ではありません。
なぜ読売新聞は半年ほど前に報道済みの事実をそのタイミングで報じたのでしょうか?朝日新聞は、その日の朝に報じていますが、一応取材も交えた情報を報じています。しかし、読売にはそういった痕跡はなく、半年前のZAKZAK(&iza)に劣る情報を大雑把に並べただけです。
まさか朝日の記事を「あらたにす」辺りで見て、焦って書いたのではないでしょうね?(笑)

朝日新聞による続報の方ですが、
高速無料化試算、次官「隠してない」 政治家の関与も?
今年2月の国会で、民主党の指摘で「10割引き(無料)」の試算結果が存在することが判明。その後、国交省として「無料化の試算結果を3月24日に民主党に提出し、説明した」(谷口氏)という。谷口氏は7月24日に次官に就任。当時は技術系トップの技監の立場で、無料化の試算の存在は「(2月の)国会のやりとりで知った」と述べた。
さりげなく、今年2月の国会で民主党の指摘で発覚していたという話を出しています。
高速道路無料化の国交省による試算の数字など、既に報道済みで、その問題に詳しい人は皆知っていた(当然高速道路「無料化」派の急先鋒・山崎養世氏も当たり前に知っています。今頃、新しく報道されて驚いていることでしょう)のに、何故朝日は日付が改まっても思い出さないのでしょうか?
思うに、そろそろ思いだしているのだけれど、スクープとして報道してしまった手前、3月に分かった問題を改めて追及するというスタンスにさりげなく移行して、見事に「誤報」を誤魔化そうとしているのではないでしょうか?
自民と国交省が選挙後まで隠していた!!なんて極悪非道な連中なんだ!と怒っている人達もいるようですから、そんなことをして良い訳がありません。
普通の企業であれば、不祥事があった場合には、公表や記者会見なりを求められます。マスコミが例外であって良い訳がありません。ましてや堂々と誤魔化して良い訳がありません。
これはマスコミが同業者には甘い点(周知の世の中の盲点)を付いた暴挙です。無茶苦茶ですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。