2008年06月29日

新聞社の社会正義

昨日テレビを見ていましたら、中国産のうなぎを三河産と偽装した犯人の社長が突撃取材を受け、意外なほど淡々と「やりました」と認め、素直に語っていました。もっともそうなる前には取引先に金を渡そうとしたり、何とか逃れようとしていたようですが。
最近は飛騨牛肉の偽装でも社長が罪を認めないことに、マスコミがいきり立ち、皆で押しかけていた様ですね。公務員の場合でも、不祥事があると家の外で待ち伏せし、出勤の為に出てきたところを無理やりインタビューしたりしています。
それなのに、それなのに何故、朝日の「素粒子」のコラムニストやまともに取り合わない広報、更には総責任者の社長のところには全く押しかけないのでしょうか?
毎日新聞の件にしても同じです。責任者達が揃って昇進してるのに、そして自社ウェブサイトの変態的な記事を何年も知らなかったなんて皆言い訳だとしか思わないのに、何故他のマスコミは皆で押しかけて「国民は納得すると思うのか?」と取材しないのでしょうか?
勿論聞かなくても分かってます。自分達にも起こり得る問題だし、その時容赦なく押しかけられたら困るからでしょう。
マスコミの記者たちは『加害者として「社会的弱者」になった』食肉業者や公務員達には正義感を爆発させて詰め寄ります。しかし、事件にもかかわらず依然として「社会的強者」でありつづけるマスコミにはそんなことはしないんです。結局いかにも正義を背負って気負って質問しているよに見えても、学生がグループ活動、グループ研究で何か調べて正義感を爆発させているのとそんなに変わらないと思います。
当然ですが、ジャーナリストは学生の正義感とはレベルの違う「ジャーナリスト精神」で正義感を発揮していただきたいです。会社やスポンサーに不都合がかかっても、社会正義に貢献するなら何とかして職務を遂行してやろうとあの手この手と手探り続け、会社にいられなくなったらフリーで何とか食べて行くことくらいは出来るから大丈夫、と活動していただきたいです(フリーで生活してる人もいるわけですし)。もちろん、どこの世界でも、皆が皆そんな使命感のある人ばかりがジャーナリストになるわけではないでしょうが、一人でもそのような「まともで熱い」ジャーナリストが多い国が、多分その面から見て良い国なんだろうと思います。
朝日新聞や毎日新聞の社長に突撃したら、何かあったら確実にやり返されます。でもそれで良いじゃないですか。やられないように言動に気を付け、何かあったら真摯に対応すれば良いのです。その場合でも、やらなければならないことは、あまりに、あまりに普通です。
まあともかく、まともなジャーナリスト精神や責任感に欠けているのは、他のマスコミの記者や責任者も同じです。私も大して行動力のある人間ではないので現状ではそこまでしませんが、もし東京近郊に住んでいたら「偽物のマスコミ」の代わりに、朝日新聞や毎日新聞の社長を追い詰めに取材に行ってみたいものです。ビデオカメラを持って行けば、今はYouTubeだってありますので、皆の関心が集まる事柄での正義があるなら、朝日や毎日とだってやりあえるでしょう。
ジャーナリスト志望の人はやってみれば良いんですよ。まあそれで有名になったりすれば、既存のマスコミでは雇ってもらえなくなるかもしれませんが。

毎日新聞の「WaiWai」問題

毎日新聞の外人社員が、日本の週刊誌の記事の中でも変態的なものを翻訳して配信していた所謂WaiWai問題です。

この問題を毎日新聞が本当に知らなかったのかと言えば、そんなことはないでしょう。知っていて「あれはあれで面白いから良いや」と黙っていたに決まってます。メタタグに「hentai」(kimonoみたいに有名な単語らしい)とまで入れていたそうですので、アクセス数が順調で、それが故に黙っていたんでしょう。

それとも、毎日新聞の人達は暇な時に自サイトを読まないのでしょうか?もちろん問題は英文サイトだったので皆が読むわけはありませんが、メジャーな新聞社で社長を始め、幹部になる人なら、英話を読むだけならさほど不自由はないことでしょう。自室でパソコンを使えば簡単に自社の「商材」を見回れるのに、毎日新聞の幹部は誰もその程度のことをしないのでしょうか。それならそれで興味深いですが。


処分内容:
毎日新聞社:役員・記者ら処分 英文サイトに不適切コラム

  • コラムを担当していた英文毎日編集部記者を懲戒休職3カ月
  • 監督責任を問い高橋弘司英文毎日編集部長を役職停止2カ月
  • 当時のデジタルメディア局次長の磯野彰彦デジタルメディア局長を役職停止1カ月の懲戒処分
  • 当時のデジタルメディア局長の長谷川篤取締役デジタルメディア担当が役員報酬の20%(1カ月)を返上
  • 当時の常務デジタルメディア担当の朝比奈豊社長が役員報酬10%(1カ月)を返上

一見そこそこの処分が下されているように見えますが、直接の監督責任のあった高橋弘司氏はコラムを書いていた人間と同罪だと思います。降格が適切だと思いますが、もしかして上がることはあっても、下がることはないのでしょうか。

また、当時のデジタルメディア担当常務、デジタルメディア局長、デジタルメディア局次長が揃って業務として担当する自社のウェブサイトに「何年も何が書いてあるか知らなかった」訳ですが、問題の結果責任を負わされる程度で、知らなかった件についてはお咎めなしのようです。多分「誰がその役職にいても同じだった」という恐ろしい裁定なんでしょう。


それどころか、3日前の2008/6/25付けで、
http://mainichi.jp/select/person/news/20080626k0000m020142000c.html

  • 朝比奈豊 現社長
  • 長谷川篤 現取締役
  • 磯野彰彦 現デジタルメディア局長

少なくとも、この3名は出世しています。24日には他紙でWaiWai問題が記事になってますから、その騒ぎの中で責任者達、しかも役職停止まで食らう人までが堂々と出世です。

もっとも他の役員達も、暇な時に自サイトの「商材」を読むことをしなかったわけですから、そう厳しく当たれるわけがないと思いますが。


更に、問題となった記事群は、週刊誌の嘘とも本当とも知れぬスキャンダラスなネタを翻訳して紹介していたらしいですが、そんな企画を認めていた人達にジャーナリスト精神なんかある訳がないじゃないですか。勿論、それを本当かどうか取材して確かめて本当だったら書くというのであればOKかもしれません。しかし、そうではありませんでした。そしてその部署の責任者が今度の社長です。

もっとも、これについても悲しいことに、他の人達がやっていても同じであったのかもしれません。しかし、とにかくそういうジャーナリスト精神に疑問のある人達が、この社の社長や幹部なのは確かに実話です。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080628ddm012040027000c.html

また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。

第三者機関といっても、常設の「知り合いの」グループです。読者があの人なら信用できると納得する人達をこれから集めるのとは違います。

http://mainichi.jp/select/wadai/archive/news/2008/06/07/20080607ddm010040093000c.html

そもそも他人に判断を仰ぐなら、十分にストイックに裁定してから聞くべきなんじゃないかと思います。皆から批判が噴出するような状態で聞けるなんて、「第三者機関」に甘えているのではないでしょうか。


それでも、それでも、謝ってるだけマシとどこかの朝日新聞のせいで言いたくなります。朝日新聞のせいでここが「マシ」になるわけです。何とも酷い話です。


追記:

インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

それはそれで良いと思いますが、他人には法的処置までほのめかすのに、信用ある大新聞者が裏取りの取材もなく、日本人を誹謗中傷した件があの処分では非常に問題があると思います。

「第三者機関」に意見を求めれば立派に責務を果たしているかのように感じているのでしょうが、ここは(も)根本的におかしいのではないでしょうか。

北京五輪に新たな問題、ヨット競技がピンチ!?


>青島(Qingdao)の海岸では、砂浜と岸から数百メートル沖までが緑藻で覆われた。

>北京五輪のヨット競技が開催される青島では、別の意味で大きな悩みの種となっている。
今度は自然現象だから、仕方がないと思われるかもしれませんが、

>中国にある淡水湖の多くで発生する藻の繁殖は、合成洗剤や肥料など
>に使用されている窒素を多く含んだ未処理の汚水が主な原因。同国で
>は水路の7割、地下水の9割が汚染されている。
これは淡水湖の話ですが、赤潮も似たような問題ですし、多分そういった原因があるのではないでしょうか。これから暖かくなれば藻ももっと繁殖しやすくなるでしょうから一体どうなるのでしょうか。まあ中国には藻になんか負けそうにない、「人海」戦術がありますから、無理やりどうにかするのかもしれませんが(そう言えばアイスランドかどこかで藻からバイオ燃料を作る研究をしてるなんて話があったような・・・)。

北京五輪の問題と言えば、この間開き直って北京に大気汚染予報機を取り付けたなんて話がありましたが、もしかしたらこの程度ならもう見なれましたので、警報は出ていないのかもしれません。
こんなところでオリンピックを開催しようとするIOCに本当に理性はあるのでしょうか(ないです)。

オバマ&ヒラリー、本人達が和解しても・・・

しかし、長引いた民主党の指名候補争いで生じた党内の亀裂がいまだ完全に修復していないことを示すように、会場の外には「No Obama」などと書かれたサインを持ったクリントン氏を支持するグループが集まった。
クリントン氏(以下全てヒラリー・クリントンを指します)はずうずうしいおばさんの感覚でオバマ氏と政治闘争してしまったものですから、支持者の人達はなかなか付いて行くのが難しいでしょう。多分ヒラリーさんはすっかり和解した息子と母親なんて感覚でいらっしゃるだろうし、オバマ氏も本当に困ったものだと思いつつも、「もう友人です!」とやらなければ共和党に勝てないので、そうしていらっしゃることでしょう。

こんなことは多分異例でしょうが、それを許したのもクリントン氏「スター」であった故の甘えであったかもしれません。普通の人であれば例えずうずうしい人でも、このまま対立を続けたら本選に影響が出る、と警告され始めた頃に身を引くことを考えたのではないでしょうか。スターでなければその後の立場が本当にマズいことになるでしょうし。

これからの数か月間、数年間に党が、そして国が、ビル・クリントンとヒラリー・クリントンをいかに必要としているかということも知っている」と述べた。「我々にはこの2人が必要なのだ。私の選挙運動のためだけではない。アメリカ人が2人の献身、2人のビジョン、2人の英知を必要としているのだ」と述べた。
・・・そこまで言ってしまうと嘘八百に聞こえてしまうんですが、演説が上手いといわれるオバマ氏がこうなってるわけですから、余程苦しいんでしょう。
そもそも、こんなに熱く語るのはオバマ氏ではなく、撤退を拒否して抵抗を続けたクリントン氏の仕事です。彼女には、オバマ氏への支持を訴えたくらいの話はあっても、このように熱く語る話は出てこないですね。
みなさんがわたしと同じような問題意識をもち、わたしが予備選期間中に示した未来像に共感してくれるのなら、民主党を支持し続けるべき
クリントン氏、仮にオバマ氏がマケイン候補に僅差で敗れるようなことになれば、黒人初の大統領の誕生を見事邪魔したなんて話になるのかも。恐ろしいものを見てしまった気がします。
2008年06月28日

朝日新聞が捏造記事

刈っても刈っても花畑、体育祭ピンチ! 高知の中学校
>例年は、花が枯れる8月の夏休みに耕運機で茎や花ごと土を耕し、グ
>ラウンドに戻していた。種子が交ざったまま整地したのが裏目に出た
>のか、今年は5月に、グラウンド全体から一斉に芽を出した。

>町教委では「7月に入れば、機械を入れて、整地する予定」と説明す
>る。それでも、土の中に種子が残ることには変わりはない。「毎
>年、同じことになりますが」と町教委の担当者。
7.8月には片がついて次に目が出るのは5月なので、秋の体育祭には何ら関係ありません(一応この中学に電話して確認しました)。
署名入り記事で嘘が書けるんですから、大したものです。
意図的ではなく、素で勘違いしてる可能性もあるにはあるでしょうが、関係者にきちんと話を聞いておいてそれはあんまりでしょう。
「校庭が使えない!」という程度では地方紙の記事にしかならないので、この位ならいいだろうとやったんでしょう。しかし、体育祭が出来ないの?と心配する人もいるでしょうから、この中学としてはいい迷惑です。

>「子どもたちには草花を大事にしよう、と教えているが、背に腹は代
>えられません」と松井校長。
この中学生達に朝日の記者は身をもって何を教えたのでしょうか?
ここの先生方も、生徒に「嘘はダメです」と教えたいのであれば、大迷惑なことにまず朝日新聞をどうにかしなくてはならなくなってしまいました。
「校長先生だって新聞には何も言えないんだ」=「大人でも強い人には何も言えないんだ」などといういけない見本にはなっていただきたくないものです。
2008年06月27日

ジョジョの踊子


パッと見、上手いこと合成して面白いのを作る「職人」がいるな、と思われますでしょうが、実は「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦氏の正式な作品です。
集英社文庫のフェア「ナツイチ」の企画で、こういうのを何種類か発売するようです。
いやー、何ともカッコ良く書けていると思うんですが・・・根本的に何かが間違ってるので、せっかく良くてもギャグにしかならないようです(笑)。
他では「デスノート」小畑健の「こころ」(夏目漱石)が、こちらは割と普通に上手くはまってる感じです。あとのものは若干自分の個性を出し過ぎてる気がします。まあ人それぞれに感じ方は違うかもしれませんが。

「犯罪被害者の会」の登場でやっと反省するらしい朝日新聞

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/156048
>「確定死刑囚の1日も早い死刑執行を待ち望んできた犯罪被害者遺族
>は、法相と同様に死に神ということになり、死刑を望むことすら悪い
>ことだというメッセージを国民に与えかねない」

>朝日新聞社広報部は「いただいた『抗議および質問』を真摯(しんし)
>に受け止め、速やかにお答えする」とコメントを出した。
さすがに朝日新聞も「犯罪被害者の会」に傷ついたと言われては困るらしくきちんと反省するようです。
しかし、彼らが一番に罵った「死神」と差別した「死刑執行人」、そして1,800件以上寄せられたと言われる抗議には真摯に答える必要はなかったのでしょうか?
もちろん、間接的に傷ついた「犯罪被害者の会」に謝る必要があるなら、少なくとも直接罵った彼らに謝る必要はあります。そこのところ、果たしての彼らの頭の中ではどのように処理されるのでしょうか。
普通の人間なら、謝る必要があるのに謝らなかったりすれば、少なくとも態度が小さくなります。しかし、多分彼らは今まで通り続けるんでしょう。彼らは「死神」やその卑しい支持者とは違う、「正義の使徒」ですので。

http://www.asahi.com/national/update/0625/TKY200806250323.html
当の朝日新聞の記事です。
>〈朝日新聞社広報部の話〉 全国犯罪被害者の会からいただいた「抗
>議および質問」を真摯(しんし)に受け止め、速やかにお答えいたします。
あなた達は内部の人間なんだから、広報部の話を引用するなんてチキンな真似をせず、編集部で直接コメントを出せば良いと思います。
結局、真面目じゃないんですよね。

しかし、先日朝日新聞の幹部が法律を破り、法律を守ろうとした一市民に制裁を加えて逮捕された事件がありましたが(タクシー運転手を殴った件。あの時も言い訳で済ませてました)、もしかして法律やまっとうな常識を尊重する意識が薄いのでしょうか。つい先日問題になったばかりだし、朝日としてそれなりに痛かったはずなんですが。

あの最悪の通り魔・加藤智大の小説!??

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/154757/
>帰り際には必ず、「また来ていいから」と言われた。何度目かに自宅
>を訪れたとき、突然、合鍵を手渡された。
> 戸惑いながら「いや」と言うと、トモは「いつでも来ていいから」
>と鍵を手のひらに押し込んできた。
> 「誰かに頼られたいのと、自分も誰かに頼りたいのかな」
> そう思って鍵を受け取ったが、彼女がその鍵を使うことはなかった。
> 8月も終わりに近づき、気がつくとメールのやりとりは途絶えていた。
・・・何この村上春樹?
(↑※厳密な意味ではありませんよ)
普通に入り込めるんですけど。(汗)

http://news.livedoor.com/article/detail/3697943/
>当時人間関係に悩んでいた女性に対して加藤は、「生きていれば何と
>かなる。何かあってもオレがいるから」と励ましたという。
こんなフレーズで記事が終わってるgendaiの記者も妙なシンパシーを感じてしまってます。

この加藤智大、多分無茶苦茶悪い奴ではないんです。単に頭のどこかが(恐らく)修繕不可能なほどに狂ってるんだけなんです。先天的なものか、後天的なものかはさすがに分かりませんが、どうも普通の人間が不安定な生活で狂った的な描かれ方が目立つように思いますので気になります。勿論、狂った部分を抑え込んだ生活を送れる可能性ならあったんでしょうが、それを妨げたのが派遣社員の身分だったの「かも」しれないとは思います。
そのうち時間を取って何か書くかもしれません。

三途の川のタクシー乗り場


この輸出を待つタクシーの一群、もしくは北朝鮮の軍事パレードといった異様な光景は何なんでしょうか。
しかし、世の中のどこの港も(※…中国は除く)、北朝鮮の街中もこんなにどんよりとはしていません。
きっとこれは三途の川の向こう岸の知られざる実態に違いありません(笑)。
単にタクシーが空港で客を待ってるだけらしいのに変に壮絶です。

【原油高騰】アメリカでガソリンプレゼントイベント


>地元ラジオ局WJFJ-FMとテレビ局Tru-TVが番組宣伝のため、5000ドル(約
>54万円)相当の量のガソリンを無料プレゼントするというイベントを実
>施した。イベントは同地域にあるコンビニエンスストアの店舗で行わ
>れ、数百人が長蛇の列を作った。
写真を見ると車に給油してるので、列を作ったといっても車で列を作ってるはずなんですが、何と異例の20枚もある写真の全てが、給油してるショートパンツのお姉さんを写してるので確認のしようがありません。これは一応元々原油高に追い詰められ行く人々、というような話の筋から取り上げたと思うんですが。
AFPBBは事件等の写真ではなく、珍しく美人の写真を至近距離撮れるからと思わずやってしまいました。(笑)
2008年06月26日

五輪の警備に地対空ミサイルを持ち出す中国


>上空からのテロ攻撃への対応策とみられる。
確かに備えあれば憂いなしですが、上空に警備用のヘリを飛ばす位ではダメなんでしょうか?
一体何が飛んでくるかもしれないのか、とても不思議です。
2008年06月25日

平沢勝栄が安倍晋三を中傷

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/155435/
>自民党の平沢勝栄衆院外務委員長は23日の日本BS放送の番組で、
>対北朝鮮外交をめぐり安倍晋三前首相が対話重視派の山崎拓元副総裁
>を「百害あって利権あり」などと批判したことに関し「利権があるは
>ずがなく、無責任極まりない発言だ」と指摘した。
・・・あるはずがない?
http://www.tamanegiya.com/kanemarusinn.html
一応こういう話があったようですが。
それに、ああいう独裁国家の頭領に恩を売ることが出来れば、利権くらい幾らでも手に入るでしょう。山崎氏が本当に利権で動いているのかはともかく。

>同時に「福田康夫首相を攻撃したいのにできないので、くみしやすい
>山崎氏を攻撃している」との見方を示した。
安倍氏は、政府の交渉の邪魔になるようなことは慎むべき、と言ってるだけなのに、平沢氏は何を言っているのでしょうか。
>福田康夫首相を攻撃したいのにできない
この部分は本当「かも」しれません。しかし、
>くみしやすい山崎氏を攻撃している
くみしやすいも、くみしやすくないもありません。訪朝して政府の交渉をしにくくするようなマネをしようとしているのは山崎氏です。仮に安倍氏が福田氏を責めることが出来ても、山崎氏を放って置くことはないでしょう。

>平沢氏は山崎氏とともに平成16年に中国を訪問し、北朝鮮と接触し
>たことがある。
家族会の全幅の信頼を裏切って内緒で訪朝し、確か上手く説明も出来なかった件ですね。
もしかしたら安倍氏は作戦としてわざと中傷してるかもしれないわけですが、結局彼も山崎氏と同じ側に立つわけですね。
とにかく、安倍氏が無責任だとしても、彼も同じです。あそこまで言わなくたって十分注意できるのに言う訳ですから、彼にしても安倍氏が邪魔なのかもしれません。

謝った毎日新聞と謝らない朝日新聞

http://www.j-cast.com/2008/06/24022306.html
>「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナーでは、
>「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」と題された記事や、
>「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」といった内容の
>記事を過去に配信していた。
前も似たようなエントリーを書きましたが、前回は日テレと朝日で誤報が重なり、今回は毎日と朝日で「ふざけた記事」が重なって、何故か見事に対比が可能になってます。
片や毎日新聞は引用したような記事をWEBに載せていて謝罪し、関係者を処分するとしています。
片や朝日新聞は法律を守った人々を、「永世死刑執行人」・「死神」呼ばわりしたことに関して社としてまともにコメントを出さず、担当者も言い訳をしただけで謝りもせず、処分もされないようです。

毎日新聞は勿論、マスコミとして社会的責任を持ち、読者の信頼を得て、これからも読んでもらいたいのでしょう。
しかし、朝日新聞があれで謝らないということは、要するにそれで気に入らない人には読んでもらわなくても良いのでしょう。どうも質が悪い上に(私は朝日を読んでないので全部は知りませんが)、記者の年収が1,500万もあるわけですから、そうなるのです。年収が600万くらいなら、読者にそっぽを向かれては困るので必死になって謝るでしょう。
世の中に変な人達がいるのはある程度仕方がないわけですから、やはりその人達にお金を与えてしまう人達もいけないんです。
本当にもう朝日新聞には何と言ったら良いか途方にくれます。秋葉原事件の件では事情の説明を求めるメールを送りましたが、勿論返事はありません。命がけで戦った正義の警官を貶める誤報を出しておいて、社としてのコメントだってありません。あの警官は、正義を行っても「正義の使徒」ではありませんので、とても彼ら「正義の使徒」には及ばないのです。そして勿論、「正義の使徒」に批判的な一市民は、尊重すべき一市民でもなければ、耳を傾けるべき対象でもないのでしょう。
簡単に言えば、「正義の使徒」というのは子供だからこそ「正義の使徒」なのかもしれません。大人なら、もっと人間を知ってますので、正義を実行することは勿論出来ても、「正義の使徒」面(ずら)は出来ないのです。そして大人なのに「正義の使徒」をやってる人達を応援する大人も「小・正義の使徒」なのです。結局大人なのに大人じゃない人達が大人の世界で大人顔をしているので、変な問題が起こってしまうのです。彼らが子供として、大人になるべき存在として存在していれば、問題はもっと簡単だったことでしょう。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/155732/
izaの記事を探してみてみたら、こちらはこちらでかなりの問題だったようですね。ちょっとしまったなと思ってるので、改めて何か書くかもしれません。

【上海国際映画祭】まさか体裁を保つために素人に主演男優賞を!?


シャロン・ストーンは招待しない、と上段に構えてすっかり有名になった上海国際映画祭ですが、演技未経験の警官が主演男優賞を獲得したそうです。まさか(別の意味で)と思って調べてみましたら、出席した有名俳優は、
>ジャッキー・チェン・章子怡・周迅・呉彦祖・莫文蔚・桂綸?・梁詠h・
>陳坤・、顧長衛・賈樟柯・唐季礼ら100人以上の国内外の映画業界の人々
(東方ネット)
とのことです。
日本人では、『築地魚河岸三代目』で主演の大沢たかおが行ったそうですが、彼には悪いですが、どうにか映画祭の体裁を保ったという人選です。
結局、シャロン・ストーンも何も、先進国のスターらしいスターは一人も行ってないんです。もしかしたら、あのカルマ発言がなく、シャロン・ストーンが仮に招待されても「面倒くさいわ」と相手にしなかったかもしれません。
シャロン・ストーンは呼ばないと大々的に報道されておいて、主演男優・女優賞共に中国の有名人や、外国で大した事がないとすぐバレる外国人俳優が受賞すれば、何だ、そもそもシャロン・ストーンを呼べるような映画祭ではなかったんじゃないか、と言われてしまいます。そこで素人役者の警官に賞を与えたのかもしれません。
もちろん、それは邪推に過ぎないかもしれません。しかし、欧米や日本のスターが毎年押し寄せて、招待されないと不名誉な映画祭などでは全然なかったようです。
映画祭に詳しい人は釣られなかったかもしれませんが、マスコミも含めて殆どが釣られたのではないでしょうか。いや、マスコミは話題性の大きさとして美味しかったはずなので、それで良かったのかもしれませんが。

アメリカではまだまだ宗教が生きている

米国人の約75%は奇跡を信じ、地獄よりも天国の存在を信じている人の方が多く、約60%が毎日欠かさず祈りをささげている
昨日はイギリスの宗教事情の記事が出てましたが、今日はアメリカの、しかも、昨日のとは正反対と受け取って良いであろう調査結果が出ています。
この分では仮にヨーロッパでキリスト教がなくなっても、少なくともアメリカでは当分残りそうです。

この調査で最も注目すべき点は、米国人の90%以上が神の存在を信じているということだ。
しかし、90%というのはかなり凄い数字に見えますので、もしかしたら「ノリ」もあるのかもしれません。つまり、そう答える人の方が、感性が豊かで面白味のある人物に見えるのでそう答えたというような・・・。つまりは簡単な「処世術」です。

奇妙なことに、調査に対し自分は無神論者だと回答した人の20%が神を信じていると答えたという。
「こう回答した人たちは、無神論者というものを本当に理解していなかったのかもしれませんね。響きがいいから、そう回答したと思いますよ。われわれはこうした回答は測定誤差としています」(スミス氏)。
甘い、甘いです(多分)。
私の考えが正しいとは限りませんが、日本人でもキリストか八百万の神々か仏(仏は神ではないですが…)か何か分からないけれど、神のような存在はいるかもしれない、と考える人は結構いるのではないでしょうか。もしかしたら、このアンケートにはそういう人々の受け皿がなかったのかもしれません。何となく、あまり良いアンケートではなさそうですね。(汗)

宗教に揺れるアメリカ―民主政治の背後にあるもの
アメリカ精神の源―「神のもとにあるこの国」 (中公新書)
神の国アメリカの論理―宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性結婚の否認
宗教からよむ「アメリカ」 (講談社選書メチエ)
2008年06月23日

キリスト教は今世紀で消えるかも!?

http://labaq.com/archives/51045491.html
Yahoo!翻訳
あるユダヤ人組織の調査によると、イギリス人の半数以上がキリスト教やユダヤ教が今世紀で消え行きそうだと考えていると分かったそうです。そんなことはないと考えるのはたった3分の1強だとか。
ただ、4割の人達がキリスト教徒であるのを選ぶだろうと答えてるそうですが、(3分の1とは微妙な差ですが)要するに自分はキリスト教徒であると思うけれど、他の人はやめてしまうんだろうな、などと妙にリアルに感じる想像をしてるようです。

イスラム教徒は今後約30年で100万人から196万人に倍増との予測。

しかし、魅力的だと思う宗教を問う質問では、仏教がイスラム教やユダヤ教を上回る9%を獲得したとのことです。

以前、ドイツ人の上智大学の教授が本国の友人に日本のキリスト教系の大学で教えているということを話したところ、「何!?それでその大学の日本人達は神を信じているのか?」と聞いてきたので「いいや」と答えたところ、「なんだ、こっちと同じじゃないか」と落胆してたという話を読んだことがあります。
日本では仏教は葬式仏教、神道は正月と地鎮祭程度となってしまってますが、もしかしたらキリスト教やユダヤ教もそうなってしまうのでしょうか。
2008年06月22日

安倍晋三 beats 山崎拓

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/154221/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/154527/
安倍:
「国会議員が、交渉を行っている政府よりも甘いことを言ってしまったのでは、政府の外交交渉能力を大きく損なう。百害あって一利なしだ」

山崎:
「圧力一辺倒では何ら前進はなかった。(安倍氏の圧力路線は)幼稚な考えだ」

安倍:
「(山崎氏は)日本語能力がないのではないか」
「百害あって利権ありだ」

山崎:
「私は北朝鮮の利権と全く関係ない。誹謗(ひぼう)中傷する政治家の人格を疑う」

利権がないならそれこそ山崎氏は何をしているのでしょうか。
というか、「北朝鮮の利権」自体はあるみたいですね。言葉尻かもしれませんが。
あと、誹謗中傷なんてしなくても人格が疑われてるのが山崎さん、あなたです。その点、安倍さんよりずっと格上ですよ。(というか本当に利権がないなら下半身を疑われかねないのが山崎拓でしょう)

http://news.livedoor.com/article/detail/3694859/
「北朝鮮の核問題で重要な展開がある。もっと大きく国際情勢を見て日本の平和と安全を確保すべきで、足の引っ張り合いをやっている時ではない」と、安倍氏に自制を呼び掛けた。
「足の引っ張り合い」って山崎氏が一方的に引っ張れられているだけなんですが。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008062100311
安倍、山崎氏の泥仕合続く=対北外交で対立
・・・泥仕合って。
国会議員が、交渉を行っている政府よりも甘いことを言ってしまったのでは、政府の外交交渉能力を大きく損なう。
と正論を述べて山崎拓の訪朝を止め、政府の対北朝鮮交渉を邪魔しないよう頑張ってるのが安倍氏だけという話なんですが。
朝日のコラムの「永世死刑執行人」でもそうでしたが、話を上手く取り上げられず、芸能ニュースみたいな取り上げ方しか出来ない新聞が多いのには呆れます。それこそ妙な書き方をして安倍氏の足を引っ張らないで欲しいです。
とにかく、安倍氏は山崎拓の訪朝を邪魔するのには、かなり成功してると言えるでしょう。上手く世間の関心も引き付けてます。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/154828/
永田町関係者は「山崎氏が必死になる背景には選挙区事情がある。民主党が対立候補として東大卒のイケメン候補をぶつけてきたのだ」と語る。
永田町関係者は「山崎氏の地元人気は高くない。『山崎拓を落選させる福岡市民の会』という公式サイトまであるほど。稲富氏は新人だが、昨年の福岡県知事選で66万票を獲得するなど知名度もある。
「公式サイト」って(汗)。インターネットのことをあまり知らない人のようですね。
それはともかく、66万票の実績とは心強いですね。山崎拓を落選させれば日本のヒーローです!・・・と言いたいところですが、民主党ですか。どちらが当選するのが良いのやら。

山崎拓

日本政府が商業捕鯨再開へ期限通告

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/155035
>1986年から一時停止が続く商業捕鯨の再開に向け、日本政府が国際
>捕鯨委員会(IWC)の加盟国に、来年6月にポルトガルで開かれる
>IWC総会終了までにIWCの正常化の議論が進展しない場合は「独自
>の捕鯨再開も含め、IWCとのかかわり方を見直す」と通告していたこ
>とが21日、分かった。
へぇー、日本政府がいかにも外交らしい外交をしてるのを初めて見た気がします。
まあ食べもしないのに鯨にこだわるのは損と言えば損かもしれませんが、単に欧米の圧力に屈するのも何ですしね・・・。向こうが肉食を止めると言い出し始めれば、また話は別ですが。

中国が五輪から外国人ハンセン病患者を締め出し

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080619/erp0806191953009-n1.htm
>ジュネーブで開かれていた国連人権理事会は18日、ハンセン病患者
>やその家族に対する差別を重大な人権侵害だとする決議を全会一致で
>採択した。この案は日本政府が提案し、中国やブラジルなど58カ国
>が共同提案国となった。
こうであるにもかかわらず、

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008061900918
>日本財団によると、組織委は6月2日、五輪期間中の外国人の出入国
>に関する「法律指針」をインターネットで公表。この中で、ハンセン
>病患者の入国禁止を掲げた。

>ただ、指針は組織委の方針ではなく、中国の法令がどうなっているか
>を説明したもの。ハンセン病患者の入国禁止は、外国人入境出境管理
>法の実施細則で定められている。
とにかく、とにかく問題が出てきますね。細かい点かもしれませんが、こういうことは開催地の審査を行う段階で調べるべきなのではないでしょうか。
ハンセン病患者への差別根絶の決議に共同提案国になっておきながらこの状態の中国も、何を審査してたのかよく分からないIOCもどうしようもないです。
タグ:北京五輪

朝日新聞=差別新聞と朝日広報も認定


鳩山法相を朝日が「死神」呼ばわりした件です。
実のところ一番問題なのは、「永世死刑執行人」だと思います。これは間違いなく死刑執行人を職業差別しています。その上で、貴様など永久に死刑執行人だ!とレベルの低い悪口を叩いているわけです(ちなみに鳩山氏は「執行人」ではありません)。大マスコミが新聞で堂々と職業差別です。全く戦後の話とはとても思えません。
「死神」についても、鳩山法相は法律に則って執行してるわけですから、朝日に言わせれば日本国憲法は「殺人憲法」「死神憲法」となるわけでしょう。そんなに気に入らなければどこかに亡命すれば良いのにと思います。

http://mainichi.jp/select/today/news/20080622k0000m040116000c.html
>「死刑執行の数の多さをチクリと刺したつもりです」と説明。
そんなのは死刑囚に言って下さいよ。
「最近死刑になる犯罪を犯す人が多いのでチクリと刺したつもりです」
法務大臣も死刑執行人の公務員もそのせいで気疲れするでしょうし、忙しくもあるでしょう。仕事が多くてとても迷惑してると思います。それにこんなお気楽なコラムを書いてる人よりも、ずっと真剣に職務に向き合ってることでしょう。
また、「死神」とまで言えばチクリでは済みません。死神以上の悪口なんてまずありません。「殺人鬼」がそれと同格かそれ以上といったところでしょうか。

>「法相らを中傷する意図はまったくありません」
中傷も何も彼らにとっては単に真実を指摘しただけでしょうから、確かに中傷ではないでしょう。
もしくは、中傷する意図で中傷してるようにしか見えません。
仮にその意図がなくても、そして彼らが単に真実を述べているだけと思っていても、やはり中傷していることに何ら変わりありませんが。

>朝日新聞社広報部は、抗議数を回答したが、「(21日夕刊の素粒子
>などについて)特にコメントはありません」と話した。
自紙で差別発言をしておいて、そして法律の則って裁判所の下した通りの刑を執行した人達を罵っておいて、大マスコミが特にコメントはありませんでは済みません。ということは、全然問題ないと思ってるんでしょうね。もう手の施しようがないです。

http://www.asahi.com/national/update/0620/TKY200806200165.html
一応朝日新聞には広報部がコメントを出したようですね。昨日は朝日新聞(Web)でもコメントはないとしていたんですが、見事に記事が書き換わってます。
>朝日新聞社広報部は「『素粒子』は、世の中の様々な出来事を題材
>に、短い文章で辛口の批評をするコラムです。
・・・それで何?

>鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くありません
なかったとしても、あるようにしか見えないので信じられないですし、なければ中傷して良いという物でもありません。
とにかく、マスコミであるにもかかわらず、言葉にまともに向き合う気がないんですね。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/154691/
>鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。
>そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしている
>と思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。
法務大臣のこういうまっとうな批判に対しても答えようとしないんですね。もうこうなったら、朝日を取ってる人達はそれだけで国賊かもしれません。

朝日新聞の「犯罪」―誰がために情報は操作される
朝日新聞の「犯罪」―誰がために情報は操作される世界日報「朝日」問題取材班

世界日報社 1986-08
売り上げランキング : 905055


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:朝日新聞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。