2008年07月27日

鳩山邦夫が法相を辞任するらしい

http://www.afpbb.com/article/politics/2422449/3163654
「死に神」は辞任しますから―。鳩山法相は25日、閣議後の記者会見で福田首相が内閣改造を検討していることに関連し、自身の留任はないとの見通しを示した。
・・・本当に鳩山氏がそう言ったならですが、当然言葉の使い方が間違ってます。使うなら「辞任」ではなく…「退任」でしょうか。さりげなく本当に辞任だったら凄いですが。
鳩山邦夫氏と言えば、舛添現厚生労働大臣と東大で主席を争った仲だと一応聞いていましたが、どうもあまりに怪しいです。


言いたいことは分かりますが、それで適切なのかどうもよく分からないという、なかなかのハイレベルさです。
政治家はどうも頭を使わなくて良いということで、頭の良い彼や、やはり東大出の加藤紘一氏などは見事すぎる程にそれに適応し、「進化」を遂げたのかもしれません(笑)。

鳩山法相、兄と連携強化 「政界再編のため仲良く…」

「小沢一郎代表との間にピューピューすきま風が吹くようになると兄から私にかかってくる電話が増える。昨日も電話がありいろいろ打ち合わせをした。将来の政界再編のために兄弟仲良くしようと思っている」と述べた。
何ということでしょう!あまりにさりげなく兄のメンツを踏み砕いています。(笑)
兄弟仲良くなどと言いつつも、民主党に攻撃を仕掛けているのかもしれませんが、この人物はさすがにそこまでの策士には見えません。

しかし、どうせ退任ならお土産に、「死に神」の件で「あすの会」の負担を減らす為に朝日新聞を訴えて下さると良いのですが、そんな気の利く頭があれば、留任出来たんでしょうね。
いや、彼が「辞任」と言うからには留任なのかもしれません。うっかりしていました。(泣)


環境党宣言

環境党宣言

  • 作者: 鳩山 邦夫
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2003/06/18
  • メディア: 単行本




地球に恩返しする本。―鳩山邦夫のエコ・トーク

地球に恩返しする本。―鳩山邦夫のエコ・トーク

  • 作者: 地球船クラブ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本




チョウを飼う日々

チョウを飼う日々

  • 作者: 鳩山 邦夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本




地球に恩返しする本。〈vol.2〉鳩山邦夫のエコ・トーク

地球に恩返しする本。〈vol.2〉鳩山邦夫のエコ・トーク

  • 作者: 鳩山 邦夫
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本




グループホーム入門―介護サービスの革命

グループホーム入門―介護サービスの革命

  • 作者: 鳩山 邦夫
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




われら無党派 (1977年)

われら無党派 (1977年)

  • 作者: 鳩山 邦夫
  • 出版社/メーカー: 荒地出版社
  • 発売日: 1977/06
  • メディア: −



【中国】格安の氷はどぶ川の水

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080726-OYT1T00004.htm
>悪臭漂う真っ黒な汚水を取水。ろ過して砂などを除去した上で型に入
>れ、化学物質を加えて製氷していたという。

>完成品は外見上、何の異常も見られない仕上がりで、価格は正規の半
>分以下。主に水産物の冷蔵用に売られていたが、細かくして食用氷に
>混ぜて売られていた可能性もある。
・・・何だ。水産物の冷蔵用か、とがっかり(?)したんですが、見事に続きがありました。

>同紙によると、食用氷を製造する市内の業者の大部分が小規模工場
>で、原料の水質の大半が衛生基準を満たしていないという。
東南アジア等で、生水には気をつけていても、オンザロックの氷で腹を下すことがあると聞きますが、まさかその真相はこのようなことだったりして・・・。
そりゃ中国ではミネラルウォーターの半分が水道水を詰めたりした偽物だと言われていますから、氷だってそんなようなものなんでしょう。
この夏、中国へ行かれる方は、水だけ出なく氷にも十分な注意が必要です。特にこの夏は需要が逼迫するでしょうから・・・ああ恐ろしい恐ろしい。

車や工場を規制しても大気汚染が増す中国

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/sports/news/20080726-OYT1T00316.htm
>中国が独自に採用する「空気汚染指数」では、0から100までは
>「空気がきれいな日」と評価されており、「100以下」の達成が目
>標だ。

>規制施行当初の20〜23日は55、65、67、89だったが、
>24日は113、25日も109で「軽微な汚染」となった。
何故か規制初日に汚染度が一旦下がっただけで、その後は順調に上がるんですね。
ちなみに、中国のいう「軽微な汚染」とは先進国ではそれなりにマズかったような・・・。

>市環境保護局の杜少中副局長は25日の記者会見で「雨や風が少ない
>ため」と気象条件を原因に挙げた一方で「一層の努力も必要」と、市
>民生活を犠牲にした対策の効果が上がらないことに焦りものぞかせた。
雨や風が少ない??19日だけは雨が降ったり、都合の良い風が吹いたんでしょうか?

>北京市は、8月8日の開会式に向け、事前に人工的に雨を降らせて雨
>雲を消す準備も進めているが、この「人工消雨」が大気中の汚染物質
>を洗い流す効果も期待されている。
・・・読売は掴んでいないようですが、五月からバンバン「ヨウ素弾」か何かを打ち上げて無理やり雨を降らせて砂塵等を洗い流しているという話です。最近の天気のせいにするのはどうなんでしょう。

思うに、それだけ汚染度が上がるということは、毎日役人のところにお金を持って押しかける人達がいて、見逃してもらえる人達の数が毎日順調に増えてるの「かも」しれません。もう一回見直した方が良いのではないでしょうか。

ウイグルの独立組織が五輪中のテロを予告


アメリカのテロを監視してる企業が、上海でのバス炎上事件や雲南省での路線バス爆破事件等の犯行声明が、ウイグルの独立運動組織から出されたと発表してます。中国だけが掴んだ情報であったなら、握りつぶされていたかも知れません。

>中国国内の五輪関連施設などの目標に対するテロ攻撃を呼びかけ、生物
>兵器の使用も許されるだろうと述べた。さらに世界中で自爆攻撃を実行
>する準備ができており、
あーもう無茶苦茶です。期間中にチベットで沢山の人が死ぬ事件が起きてもやはりオリンピックはどうなるか分かりませんし、無事終わるのか、どうなんでしょうか。
というか、子連れの人はまだ行く気なんでしょうか・・・。
2008年07月14日

股下が134cmの女性モデル、さて身長は何センチ?

ポツダム広場で12日、モデルのIwonaさんがビキニ姿で写真撮影を行った。Iwonaさんは身長196センチで、股下の長さは134センチ

・・・そんな人いるわけないじゃないですか。その股下で股上がわずか62センチですよ。

残念ながら、とは言いませんが(笑)、朝日新聞ではなくロイターの記事です。しかし、おかしいと思ったら問い合わせて確認をしましょう。自分の記事ではないからと言って、変な記事を垂れ流すのは良くないです。

・・・まあ不思議に思わなかったんでしょうけど。

ちなみに、種明かしをすると、私もかすかにどこかで聞いた覚えがあるだけなので、残念ながら不確かですが、腰かどこかもう少し上から測ってるはずです。

しかし、高いヒールを履いて多少足を広げて股上と股下で五分五分位に見えますので、本当にそんな数値が出るのかは疑問です。


モデルのヒケツ―トップモデルが本音で語る最新モデル入門
トップモデルが明かす体が生まれ変わる「キレイ生活」―1日24時間で自分を磨く本

追記
股下134cmを検証する(「まさにゲーム感覚なデジタルネイティブblog」)

【北京五輪】紫禁城観光の勧め


うわー相変わらずの空気の悪さだな、と言いたいところですが、残念ながら雨上がりのようです。地面には水溜りも見えています(笑)。なので、どちらかというと雨がもたらした水蒸気が視界を悪くしているように見えます。


やはりこの写真が良いです。朝日がはっきり丸く見えるのに、まるで太陽ではなく月のようです。
この写真の感じと紫禁城の写真の感じを組み合わせてみると・・・紫禁城はかなり広いようなので、全景を見るのに少し難がありそうです。つまり、せっかくの観光資源が台無しです。五輪ついでに見に行くなんて方もいらっしゃるでしょうが、一応覚悟しておいた方が良いかもしれません。

また、新京報(Beijing News)によると、セメント工場145か所、自動車修理工場506か所、クリーニング店357か所など、工場や企業などが一時的に操業中止となるという。
期間中操業中止にしなければならないということで、夜間も含めて無理をして作業を進め、開催時には汚染度が最高潮などというオチがあるかもしれません。
しかし、クリーニング店がずっと閉店したらどうなってしまうのでしょうか?まとめて効率良く洗濯していたのに、皆が個々にやったら余計に電気が必要になって・・というか大気汚染で問題にされるとは、クリーニング店って何をしてるんでしょうか?自動車修理工場も似たようなものですが。
また、そこまでやらなければオリンピックが開けないなら、やりたいなんて言わずに遠慮しておけば良いのにと思います。やりたいと言う方も言う方、やらせる方もやらせる方、関係者に良心はあるのでしょうか。

北京市内では、梅雨時ということもあり空もどんよりとした状態で、それが大気汚染と相まって視界が数百メートルほどしかない。にもかかわらず、同市環境保護局は五輪期間中の大気汚染については問題はないとしている。
緑藻の問題も大丈夫だといってましたが、拡大したなんて話になってます。しかし、結局これも中国のホームアドバンテージなのかもしれません。なぜならきっと彼らは鼻毛が進化していますから(笑)。

遊遊 パズルゲーム 紫禁城 Vol.1
value 1500 the 紫禁城

【北京五輪】謎の「藻の繁殖を食い止める緊急対策」


>藻類大量発生の被害海域は、6月末時点で1万3000平行キロメートル
>だったが、必死の除去作業にもかかわらず拡大は続き、現在その規模
>は正確につかめていない。
ヨット競技会場となる海上の30%が緑藻に覆われて、1万人の人員と1000隻の船を用いての人海戦術で撤去していた件ですが、暑くなったからかどんどん流れ着く量が増えているようです。

>11日の報道では、青島のある山東(Shandong)省に隣接する江蘇
>(Jiangsu)省で、藻の繁殖を食い止める緊急対策が導入されたという。
・・・とても他人(他国)には言えないようなものを膨大な量撒くしかないのではないでしょうか。しかも、幾ら沢山撒いても、海流ですぐ流れますので、ずっと撒き続けるしかありません。ただでさえ水質汚染が原因かもと言われているのに、どんでもないことになっているのではないでしょうか。
背(五輪)に腹(環境)は代えられないということでしょうが、世界の常識では逆(のはず)です。そのうちバレるでしょう。

>青島では藻類がセーリング会場に侵入するのを防ぐため、12日までに
>コース周辺が22キロ以上におよぶ空気注入式オイルフェンスで囲まれた。
オイルより広がりにくそうですし、引っかかりが良さそうですので、普通のオイルフェンスでは押し流される可能性もあるのではないでしょうか。重りを多くするとか対策が施してあれば別ですが、22kmものフェンスとなると・・・普通に広げただけでしょう。

続報に期待しましょう。
2008年07月09日

「人間として考えられない発言」をする加藤紘一

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/159844/
http://news.livedoor.com/article/detail/3722378/
「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」
・・・芸術的に素晴らしい発言なのではないでしょうか?最初いわゆる「KY」なのかと思いましたが、それどころではありません。

「(カ)父さん・・・酸素欠乏症にかかって・・・」


というアニメのセリフを思い出しました。
そっとしておいてあげましょう・・・と言いたいところですが、大迷惑です。彼の選挙区の人達は責任を持ってどうにかして下さい。

一応家族会の発言も引用しておきますと、、、
「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。「不見識極まりない発言だ。加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。
恐らく、「もう日本には帰る気はない。私達にはこちらの生活がある」くらいには言わされたことでしょう。
加藤氏の外交感覚では奇想天外かもしれませんが。
2008年07月05日

北京五輪にイナゴも参加か

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00135992.html
問題山積の中、また問題が持ちあがりました。
北京から北に約300キロ離れたモンゴル自治区でイナゴが大発生したという話です。
動画がありますので見ますと、なるほど、普通に皆が知ってる大発生です。どの方向に飛んで行くものなのかは分かりませんが、競技中に少しでもまとまって飛来すれば脅威でしょうね。走ってる選手の口に入ったり、踏みつけて滑ったりしたら一大事ですから。

>中国当局は、オリンピック閉幕後の8月25日まで、24時間態勢で監視する方針だという。
監視をするのは結構ですが、見張っていても今回は藻のように人海戦術は通用しません。来てしまったら、北京郊外で殺虫剤の空中大量散布をするとか、国際的に非難を浴びかねない荒業を使わないと無理でしょう。
そうなったら風向きの関係で競技をボイコットする選手が続出で、北京五輪が崩壊したりするかもしれません。勿論イナゴの襲来を防げなくても崩壊です。
まあなかなかそういう劇的な方向(ここではイナゴの襲来)には行かないものですが…。

【北京五輪】緑藻騒動、人民開放軍約1万を「災害派兵」か


一応AFPBBでは「作業員」、「兵士や教師から地元ボランティアまであらゆる人々」などと表現されてますが・・・
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00135858.html
青島市は、ボランティアを募って手で回収しており、15日までに一掃するとしている。
FNNでは青島市の募ったボランティアとだけ出ています。
しかし、AFPBBのスライドショーでどの写真を見ても、同じ迷彩のTシャツと半ズボンを穿いた若者達しか写っていません。
そう言えば思い出すのは、あの朝鮮戦争でのふざけた100万人の「義勇軍」です。100万人の軍隊を「義勇軍」と称する厚かましさはあっても、オリンピックの競技を無事行う為、藻を撤去する為に1万人も「出兵」したとは、さすがの中国も恥ずかしくて言えないようです。
もちろん本当の市民もボランティアで入ってるかもしれませんが、平日の昼間な訳ですからそれはせいぜい数百人で、あとは重機関連等、関係する民間会社の人間もいるでしょうが、それ以外は恐らく全て兵士でしょう。

加藤紘一の「犬の遠吠え」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/158479/
>(※安倍晋三氏が)「百害あって利権あり」などと発言したことについ
>て「許せない。昨年の参院選大敗や前代未聞の首相辞任をしており、論議
>に参加するより3年は地元で選挙民と対話すべきだ」と厳しく批判した。
この人は国会議員の仕事を知らないのでしょうか。北朝鮮とどう相対するかを論ずるのも国会議員の仕事です。私的事情でサボってはいけません。加藤氏は国会議員を選挙で選ばれた者がなる、侍や貴族等の身分か何かとでも思っているのでしょうか。
また、安倍氏を支持する人達は、そういうのを期待して彼に投票してるはずです。まさか国会議員にそんなことも知らない人がいるとは思いませんでした。

まあ加藤氏の場合、安倍氏のことを言ってられないあの恥ずかしい恥ずかしい「加藤の乱」(2000年11月)がありまして、彼の場合、7年以上地元選挙民と対話しても分かってもらえないんでしょう。その身からすれば、安倍氏が未だに人気があるのが信じられないのかもしれません。好意的に見ればあのトラウマが彼の判断力を損ねているのでしょう。
もっとも仮にそうであれば、治るまで仕事は控えてもらわなければ困ります(元々の能力通りであれば・・・以下自粛)。

しかし、昔はこの人や山崎拓が「大物」だったんですね。どうなってたのか想像もつきません。
2008年07月04日

地球環境悪化防止で乳牛にホルモン剤?


>100万頭の乳牛に乳量を増加させる成長ホルモンを投与すると、自動車
>40万台分に相当する温室効果ガス削減が可能
何と牛2.5頭で車1台に匹敵するわけですか。

>ウシの飼育に起因するCO2は、人間活動に起因するCO2全体の9%を占
>め、世界全体では自動車が排出する量を上回るだけでなく、SO2(二酸
>化硫黄)などのCO2よりも有害な温室効果ガスも排出しているとしている。
世界全体では自動車が排出する量を上回るんですか。牛って結構環境に悪いんですね。勿論、人間ほどではないという話になると思いますが。

>rbSTの使用に反対する意見も根強い。欧州連合(EU)は乳牛の健康へ
>の懸念からrbSTの使用を禁止しているし
少し安心しました。簡単にそういう方向に行くわけではないんですね。
それにしても、牛がそんなに問題なら鯨肉でも良いと思うんですが(牛乳はともかく、というか牛乳風呂って・・・)、例え科学的にそういう話になっても、彼らは捕鯨に反対し続けるんでしょうね。私ならそんな変な牛乳や牛肉を口にするのはご免ですが、彼らには鯨よりマシなんでしょう。

古賀誠「道路族」と呼ばれて・・・

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/158283/
「道路族が悪いかのように言われているが、全然違う。先人が国民の生命を守る社会資本整備をしてきた。『族』と呼ばれるいわれはない!」と怒りを爆発させた。
だから、とりあえず(かなり昔の)先人まで責めてる人は少ないでしょう。近年もう道路はそんなに作らなくても良いのではないかと言われ始めたから問題になってるだけです。多分。
それに、「族」ってそういう種類の族とは違うと思うんですけど、もしかして自分で鏡を見ると・・・(すいません!)。
建設業界にも怒りの矛先を向け「選挙になって応援を頼みにいったら社長と専務ばかり出てくるが、従業員に応援してもらえない。『公共事業はやらない』と言っている民主党と一緒にしてもらったら、たまったもんじゃない」と述べた。
この人が道路族なのは多くの人が知っているはずです。特に年配の人であれば皆知ってるのではないでしょうか。それなのに歓迎されないとは、人気がないのか、皆そういう御時世ではないともう諦めているのではないでしょうか。この人を民主党と一緒にする人って・・・そんなにいるんでしょうか?
「公共事業関連の部会にはパラパラとしか国会議員が集まらない。なぜなんだ。昔、党道路調査会長になるのは大臣より難しかった。今はだれもなろうとしない」と嘆いてみせた。
・・・なぜなんだ??そりゃ「族」と呼ばれて悪者にされるからです。そのように言葉が出るとは、結構追い詰められてるのではないでしょうか。
しかしそれでも、小泉時代には抵抗勢力扱いされ、安倍時代に若干息を吹き返し、福田時代に復権したと思ってたんですが、それ程でもないんですかね。
2008年07月03日

イタリア、フィレンツェの大聖堂の落書き問題

イタリア世界遺産落書き:「厳罰」処分 伊紙「あり得ない」
イタリア人に言わせると日本人は(処分が)やりすぎだそうです。

>フィレンツェに限らず、イタリアでは古代遺跡はスプレーにまみれ、
>アルプスの山々には石を組んだ文字があふれる。大半がイタリア人に
>よるものだ。
脳裏に広がるのは何と清々しい光景なんでしょう。イタリアへの夢が一瞬にして潰れます(笑)。イタリアも日本のように厳しくなればかなり減ると思われますが、全くやりそうにありません。
ちなみに、テレビを見ていたら、処分された日本人の落書きの左右にも欧米の言語の落書きが見えてました。

大聖堂落書き:日本の謝罪に「敬服」…伊の修繕責任者
>欧米では「文化財への落書きは当たり前のように見られている」だけ
>に「(謝罪を通じて示された)日本人の良識」に尊敬の念を抱いたという。
欧米の観光地は日本のテレビによく出ますが、(この件以前に)落書きは見たことがありません。
それはともかく、イタリア人に尊敬されてしまいました。やはり反省はきちんとすべきですね。
そう言えば、日本人でもまともに反省できない大マスコミが・・・クドいですね(笑)。

近事片々:寛大ですな、イタリア人は…
毎日新聞の人はやはり自社の新聞を読まないんですね。前の日の記事に書いてあることなのに・・・(それでも見出しだけは読んでるようですが)。
あと驚いてるのに「寛大」も何もないんですが、もしかして眠いんでしょうか。昼間のはずなのに何で眠いのかなんて分かりませんけど。

一番安全なブラウザは一応Firefoxで確定らしい

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/02/news030.html

こういうのは様々な面からいろんなリスクが指摘できるでしょうから、結局何とも言えないのかもしれません。しかし、今回一つ重要な指標が発表されました。

何と、各ブラウザのユーザーが、ブラウザのアップデートをしてるかのパーセンテージです。

  1. Firefox 83.3%
  2. Safari  65.3%
  3. Opera  56.1%
  4. IE    47.6%
どんなに安全なブラウザでも、セキュリティーホールが発見されるごとに更新をしなくては、安全性はどんどん落ちて行きます。

何故Firefoxがダントツなのかと言えば、デフォルトで自動アップデートするからです。Firefoxユーザーの残りの16.7%は、自動アップデート機能をOFFにしてると思われます。メモリに余裕がないのに勝手に作動されては困るとかそういう理由でしょう。

IEはIE6と7で合わせてあるようですが、7は確か自動アップデートがあったのではないでしょうか。だとすれば、7だけで数字を出すべきだったと思いますが。

意外なところで差がついたものです。

Lunascape
Google Chrome

大人になるのを拒否する朝日新聞

「死に神」報道に朝日が回答 犯罪被害者の会は納得せず
公開質問状はこちら
>朝日新聞社は2日までに、全国犯罪被害者の会(あすの会)が同社に
>送付した質問書に対し、「気持ちに思いが至らなかった」と回答した。
これはとても普通です。

>「法相に対する侮辱中傷になると思わないか」との質問には、「中傷する
>意図は全くなかった。侮辱、中傷と取られたとすれば、残念だ」と答えた。
質問は、リンク先にありますが、以下のようでした。
>本記事後、貴社は「法務大臣や関係者を中傷する意図は全くありませ
>ん」とのコメントを発表していますが、意図はどうであれ、「永世死
>刑執行人、またの名、死に神」との記載は、法務大臣に対する侮辱中
>傷になると思いませんか
政治家の上手い(?)答弁のように掴み所がありません。しかも、朝日はさりげなく人のせいにしています。
しかし、彼らは政治家よりも頭が悪いようです。こういうのは時間があれば、おかしい部分がすぐ分かってしまうのです。

>回答について、あすの会は「満足させるものではない」として、再び
>抗議と質問をする予定という。
あれは中傷なんですから、何で朝日にとってはそうではないのかを、はっきり答えてもらいましょう。
まあ、私の予測としては、一応遺族を傷つけた件には答えたので、もう答えないと思いますが。

しかし、他の新聞社は横目で見て冷笑してるものと思いますが、こういう巨悪に立ち向かわない、マスコミなのにジャーナリストではない人達は、基本的にリストラの対象です。単に他に優秀な人材が現れないので駆逐されずに仕事をしていられるだけです。ニタニタしてる場合ではありません。
2008年07月02日

五輪ヨット競技開催地、藻の除去に1万人動員


>現在1万人以上が除去作業にあたっているが、除去が終わるまでにまだ
>2週間以上が必要だと伝えた。
その一万人、普段は何をしている人達なのでしょうか(笑)。遠くから人を集めれば、宿だってないでしょうから地元民なのかもしれませんが、地元民達の仕事は放棄状態なのでしょうか?
2週間以上ともなれば、ボランティアというわけにも行かないはずですが、代金はきちんと払われるのでしょうか?
それに、あと2週間というのは藻の再発生を計算に入れていないように何となく思うんですが、本当に終わるのでしょうか?

>トレーニング区域やコースの一部が藻類で覆われているため、現地入
>りしていたセーリング競技選手らはトレーニングが困難になってい
>る。30か国以上の選手が青島でトレーニングを行っていた。
北京も北京ですが、中国近海なんて汚水が流れ込んでいたり、日本まで流れ着くゴミが漂っていたりと、恐ろしくて魚も泳げないようなイメージがあるんですが、よくそんなところで水上競技をやろうなどと思いついたものですね(しかも今から皆で泊り込んでる)。改めて驚きました。

暴動の起きた中国の少女殺害事件で再捜査


再捜査なんてしたら、普通に正義を求める暴動が中国各地で頻発しかねないので、正直やらないだろうと思ってました。勿論再捜査せずに暴動の責任だけを問うなんて、国として無理があることの証明だなんて思ってました。しかし、やるんですね。やるのが当たり前ですが。
>再捜査開始の報は、共産党の貴州省代表が前週の抗議行動を認める発
>言をした直後に流れた。
ただ、これを読むと、再捜査の指示を出したのは中央政府ではなく地方政府のように見えます。

>また、8月に開催される北京五輪を前に、調和がとれ安定した国として
>自らを示し、いかなる形の抗議も避けたい中国共産党政府の幹部たち
>にとって、今回の暴動は都合の悪い展開ともなった。
AFPBBも地方政府主導の再捜査だと受け取ってるように見えます。

オリンピック期間中は確か北京に警備が集中して、地方は手薄になるような話がありましたし、まさか開催中に住民を殺戮することは出来ないと思いますので、チベットを含め、中国は一体どうなるんでしょうか。
逆に交渉を伝えられるダライ・ラマ側にとっては、妥協を引き出す上で都合の良い(殺された少女は気の毒ですが)展開なのかもしれません。

産経新聞が毎日新聞を取材

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/157307/
おおっっ産経新聞がやってくれたのか!?
産経が毎日を取材と聞けば、そう思うと思います、普通は。
しかし、
>毎日新聞社は30日、産経新聞の取材に対して、誹謗中傷に当たる書
>き込みについては特定を避けながら「2ちゃんねるなどをみていただ
>ければ分かる」と掲示板サイト「2ちゃんねる」への書き込みである
>ことを示唆した。
・・・それだけです。
聞くことが違うくない??と思わず何故か弱気に画面に問うてみたくなります(笑)。
実際聞いたけれど答えてもらえなかったのかもしれませんが、毎日新聞が法的処置を検討しているのが2chの書き込みに対してだなんて、この記事を見た人の9割は、聞かずともネットの常識として分かってるのではないでしょうか(笑)。
もし私が毎日新聞の人間で、こういう時に産経新聞から取材があれば「ガチ右翼が攻め込んで来た!!」と戦々恐々です。
しかし、「売国許すまじ!!」との気迫は全く感じられません。毎日新聞も拍子抜けしたのではないでしょうか。
実のところ、私としては産経に期待をしていたというわけでもないので、期待を裏切られた訳ではないんですが、何か疲れました。
単に記者の個性でこういう問題に向いていなかったのかもしれませんが・・・。

しかし、毎日新聞もあの自社の処置の上で、2chの書き込みに法的処置を取る(検討)などと言ったら、どう思われるかなんて考えてみなかったんでしょうね。結局目が国民より社内に向いてる気がします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。