2009年02月28日

人類最後の日

ダダダダーダダン、ダダダダーダダン、ダダダダーダダン、ダダダダーダダン

、とあの音楽が聞こえてきそうな見事な写真です。

リアル ジョン・コナーは皮肉なことにそういう顔で(笑)、当然場所は「ターミネーター3」で出てきたあの核シェルターです。


しかし、ロサンジェルスと言えば砂漠を走ってたどり着くというイメージがあったんですが、やはり水は少ないんですね。

人口が拡大する州に清潔な水を確実に供給していくためには水道インフラの整備が急務だ

・・・公共事業にちょうど良いですね。

2009年02月24日

朝日新聞社は新聞社の資格を返上してはどうか?

朝日新聞社が所得隠し 7年間で4億円

カラ出張による所得隠しって何で犯罪にならないのでしょうか?しかも、7年で4億という大金です。逮捕者も書類送検者も出ないというのはちょっと納得できません。

不正発覚を受け、同社は京都総局の当時の総局長らを停職処分にし、東京、大阪、西部、名古屋の4本社の編集局長を減給処分にした。報道機関が自社の管理責任を問い、各編集局長を一斉に処分するのは極めて異例。

さて、身内ではないのに同業者ということで矛先が甘いというか、矛先のない棒で突っついている産経新聞のこの体たらく。それだけの人達が処分されているのであれば、上層部の責任は免れ得ないのではないでしょうか?

7年間で400,000,000円って1年で5〜6千万もの大金です。処分されたのが「東京、大阪、西部、名古屋の4本社」って全社的な体質だったとしか思えないんですが。

産経も「極めて異例」などと書きたてて、朝日が幹部の責任問題を避けるのを見事にバックアップしています。何故か阿吽の呼吸に見えるのは何故なのでしょうか?(笑)

産経が何かやったら朝日が手加減するとは限らないと思うんですが、一体何をしているのでしょうか?それとも既に手加減をしてもらっているのでしょうか?

任命責任

中川氏に関して麻生氏がこれを言われているのですが、朝日上層部にだって当然そういうものがあるのではないでしょうか?(任命責任だけでは済まないと思いますが)

当然、同業者の悪を暴かないという「不作為の作為」で他の新聞社もしょっ引かれるべきだと私は思います。一回逮捕されれば、次からは間違いなく書くようになるでしょ。(笑)


ちなみに、一応素で分からない人がいるかもしれないので書いておきますが、このエントリーのタイトル、橋下現大阪知事が朝日に「そこまで言って委員会」の関係で言われていたやつです。

…朝日新聞は何十回資格を返上することになるんでしょうかね。

2009年02月23日

日本に衰退の兆候

中川氏辞任 中国紙1面で「酒好きで有名」
第一財経日報は東京発の記事で、自民党内の批判を伝えたうえで、「日本は金融危機にあって伝統的な集団主義の精神を発揮できずに足の引っ張り合いをし、衰退の兆候を示している」と分析した。
…全く返す言葉もありません。人材も枯渇しているようですしね(マスコミも同様)。

2009年02月07日

シーシェパードに賠償請求を

そろそろ根本的にどうにかすべきでしょう。

予定が消化できない分の費用や、船の修理代、甲板の清掃代など請求し、執拗な妨害行動を止めないのであれば同盟国であるはずのオーストラリアに護衛を要請すべきではないかと思います。

オーストラリアは心理的にグルなはずですので、私はとにかくオージービーフだけは絶対に食べません。


また、左翼の人たちはこういう時こそ頑張るべきでしょう。なぜなら右翼を増やすために日本政府が裏から手を引いてシーシェパードにああいうことをさせ、若者の愛国心を高揚させようとしているとしか見えないからです(笑)。


とにかく、向こうも向こうですが、日本も一人前とは言えませんね。いい大人が揃ってるはずなんですが。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。