2009年06月30日

鳩山邦夫の正義

鳩山邦夫氏の行動は、何だかんだで兄を党首とする民主党を援護するものと映りますが、さすがに本人もそう見えるのは不味いと思ったのか、コメントを出しています。

「兄は小沢の番犬」鳩山前総務相、またまた皮肉
民主党が政権を取れば、日本は滅びる(テレビにて)

自民党の政治家であれば、まず自民党が勝つことこそが正義の第一歩という感覚があって当然のはずですが、この人物にはないので、ああなるんでしょうね。
その上、麻生総理との「義」も疎かにして彼も元々更迭派だったという手紙の内容を公開し、今度は、
麻生太郎という旗印の下で総選挙をやることは潔しとしない
などと言い始めました。
…誰のせいで必要以上の苦境に陥ったか分かっていないんですね。
鳩山氏としては、西川社長を更迭しなかった麻生氏当人のせいということになるのかもしれませんが、この大事な時期に党内の分裂を防ごうとすれば、麻生氏の取った選択しかなかったのではないでしょうか。それで、自民党内で、鳩山邦夫氏以外には声高に西川氏の更迭論を唱える人はいなかったように思います。

首相の振付師は菅、安倍氏=鳩山前総務相が明かす
この鳩山という人物はどうしようもない卑怯者で、やはり肝心な人物の名を出しません。
自分を正義だと言いたいのであれば、

直接小泉と戦えよ!

と言いたいです。
国民は皆テレビを見てるから知ってるんだぞ!と。(笑)
世の中では普通卑怯者を「正義」とは呼びません。
「盟友」に迷惑をかけるだけなんだから、これ以上グダグダするなら、身を引いたらどうだと言いたいです。
それとも、やはり兄が総理になるのに協力しているのか。そちらだとしても、こういう形ではやはり卑怯者です。
何にせよ、この人は普通の人ではないんですよ。
結局、鳩山家の看板+東大(しかも主席か次席)の看板の組み合わせはかくも偉大でした、というお話だったのでしょう。

2009年06月24日

東国原知事の嫌味

東国原氏「総裁候補が条件」 自民・古賀氏の衆院選出馬要請に
…自民が実際にそれを受け入れたら、当然国民は自民党を完全に見放すでしょう。なので、東国原氏が自民党総裁になることなど考えられない以上、のこのこと彼の人気の正当な対価も用意せずに当てにして、宮崎くんだりまで足を運んだ古賀氏に対する嫌味に決まってるじゃないですか。

テレビを見ていたら、総務大臣あたりが落としどころじゃないかなんてやっていましたが(笑)、実のころそれはそれで良いのではないでしょうか。なぜなら、無理なく西川氏の首を飛ばせるからです。(笑)
そうなった場合、全国知事会のマニフェストというものも自民党が呑んでいるでしょうし、「ほ〜ら、自民党はここまで変わりました!」と宣伝しやすいでしょう。

東国原氏の発想は疑問
知事がまだ1期目も終えられていない中で、政党を救うために、知事の職を投げ捨てるみたいな発想が果たして、県民とかあるいは国民に理解されるかどうか、ということに関しては疑問があるのではないかと。これは一般論として申し上げておきます
救うとすれば、日本そのものです。現在も知事として色々と国に不満を持っていらっしゃるわけです。政党を救うためにだなんて、東国原氏に失礼なのではないでしょうか。鳩山氏は、相変わらず話をちょっとずつ歪めて行くのは十八番のようです(こういう人間を信任してはならない)。
しかし、ちょっと嫌がってる感が出ていて結構な話です。

「自民党はコケにされたの?」(by 鳩山邦夫)

ついでにこのいい歳して正義だのと言ってる人や、民主党の印象も少し古いものに出来ます。
何と、一挙数得ではないですか。
仮に総務大臣で済むのであれば、結構ではないでしょうか。

それにしても、古賀氏はどうしようもないですね。まさに恥をかきに行ったに等しいです。
今後は橋下徹大阪府知事、森田健作千葉県知事にも協力要請する方針

・・・橋下知事はともかく、選挙が殆ど詐欺だった森田健作は駄目でしょう。
少なくともこの道路大臣の人よりは、東国原氏の方が知性があるように見えます。
この人が自民の選挙対策のリーダーですか。もしかしたら、東国原氏にこうやってのこのことコケにされに行ったのが、嫌味なしで一番の成果となることがあるのかもしれません。(笑)

2009年06月18日

マンガの「メッカ」建設問題

朝日新聞が、
 日本アニメーター・演出協会代表の芦田豊雄さんは「国がアニメに目を向けるのは歓迎する」としつつ、日本のアニメ界は低予算で制作会社もスタッフも疲弊し切っている、と指摘する。「このままでは質が下がりかねない。いい人材を得てこそ国際的なヒット作も生み出せる。むしろ、待遇改善などの環境整備に予算を使ってほしい」と訴える。
…とまるで「マンガの殿堂」を作るくらいなら補助金が欲しいというようなことを結論とするかのような記事を書いています。
…「弱者」の味方をすれば、それでまっとうだ、誰かに恥じることなどどこにもない!とでも思ってる困った人たちが書いているんでしょうかね。

漫画家の里中満智子氏は(ITmedia)

「漫画家の生活は確かに厳しく、見返りは必要」としながらも、「労働と文化は問題が異なる」と反論。
こんなことをおっしゃっていました。
朝日も里中氏の会見自体は知ってるんですがね。
実際、アニメや漫画に補助金が必要だと判断されれば、「マンガの殿堂」の建設の有無にかかわらず出るわけですし、必要ないと判断されれば出ないでしょう。
そして、「マンガの殿堂」の建設をやめるから、ではその分で、(本来は出ないけれども)その業界の人の給料が低いから補助金を出しましょうとなるかというと、少なくとも常識的に考えれば、そういう予算の決まり方というのは、現代日本にはないわけです。
なので、そういう考え方は感情論にすぎません。
「マンガの殿堂」も良いが、とにかくそれより先に補助金の検討をしてくれという話であれば、一応まともな話となりますが。

あと、自民党の調査チームで報告書を取りまとめた河野太郎氏は、どうも鳩山由紀夫氏が「国営マンガ喫茶」ではないらしいと気がついた後でも、「国営マンガ喫茶」だとと思っているようで、論外です。さすがは悪評高い河野洋平の息子ですね。

鳩山由紀夫氏は、補正予算で扱う問題かと正論を唱えつつも、何故か無駄だからやめろと言い続け、無駄と緊急性がないことの区別がついていません。
…というか、麻生氏を攻撃するためにわざと区別をつけないんでしょうね。
また、政権をとったら無駄だからと止めるリストの筆頭にリストアップして、麻生印ごと派手に切り捨てようとしていますので、今後もモノにすべきアイデアだとは捉えずに、無駄だと言い続けることでしょう。
結局、あの誠実さの欠けた不徳な人物は、マンガ・アニメ(その他「メディア芸術」)を政争の具にして、それらを一種の「あんなもの扱い」をしているわけです。

ただ、計画が現時点で杜撰なのは否めません。その点で、確かに酷い話ではあります。この件は安倍首相の時代から検討しているとの話ですが、調査費のねん出なり、実行委員会の結成なりから、透明性を持たせたまっとうなやり方で、企画を一から組み立て直すべきだと思います。
実際、まともに作れば、本物のマンガ喫茶やグッズショップ、メイドカフェなどがその周りに出店してきて、世界のファンにとっての「メッカ」となり、秋葉原みたいになるのではないでしょうか。
…鳩山?
相手にしてはいけません。

2009年06月16日

朝日新聞の意図的な誤報

反同性婚発言でミス・カリフォルニア剥奪(朝日新聞2009年6月11日付)

元ミス・カリフォルニアのキャリー・プレジャンさんは「反同性婚発言」でミスの座から追われたわけではありません。

朝日の記事内にも書いてありますが、主催者側からは公式行事への欠席が契約違反に当たると説明がなされています。
また、反同性婚のイベントに参加したことも、主催者側の不興を買っていたようですが(一応これも「行動」であっても「発言」のみではない)、それが契約違反に当たらないのであれば、それを理由にミスを剥奪するのは不可能でしょう。
アメリカと言えば、何でも分厚い契約書を作る社会だと聞いています。理由にならない理由でミスの座を剥奪したりすれば、キャリー・プレジャンさんから訴訟がなされることでしょう。

朝日は著名記事で憶測を事実として書けるのだから凄いですね(勿論他所がそうは書けない中で、そう書いた理由は書いてありません)。
しかも、ブログのように記事を書いた人がそのまま載せるのではなく、ここは企業なのでチェック機能が働くはずなんですが。
確かにこう刺激的に書けば、記事タイトルのクリック率は上がるでしょうから、それが狙いなのかもしれませんが、genda〇やZAKZA〇でもこれをやるかどうかは疑問です。
asahi.comの記事は2週間で消されてしまいますので、大丈夫だと踏んだのでしょうか?
ずっと記事が残るサイトではこうは行きません。
何にせよ、酷い話です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。