2008年06月15日

北朝鮮「拉致を再調査」表明。だから制裁解除??

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080613-OYT1T00566.htm
・・・以前からずっと再調査くらいでは進展とはみなさないと言ってきたのにどういうつもりでしょうか。
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq03e.html
チャック・ダウンズというアメリカの元国防総省アジア太平洋局の交渉問題専門家によれば、
 「北朝鮮は交渉相手国に対し,自国の政策に根本的な変化があるかのようにふるまい,相手国にとって有利となりそうな寛容な態度を示唆する.
 相手国が楽観へと転じ,前に出てくると,北朝鮮は交渉を仕切り,態度を急変させ,相手を幻滅させる.
 幻滅がさらに失望となったところで,北朝鮮は相手に次回の交渉ではより積極的に応じようという楽観を抱かせる.
 北朝鮮と交渉を試みる相手は,いつもこの三つの状態のどれかにある」

これではただ単にまた「失望」→「楽観」に変わっただけじゃないですか。再調査?素晴らしい。結果が待ち遠しいです。とやらなきゃダメじゃないですか。さすがは福田、高村コンビ、と言いたいところですが、期待以上の最低っぷりです。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080613-OYT1T00783.htm(こちらの方が上のURLより時間として前です)
>具体的な調査方法や時期、期限も決まっていない。北朝鮮単独なの
>か、日本側との共同調査なのかも未定で、真相究明につながる調査が
>行われるかどうかは不透明だ。

昔だったら青年将校が押し入るところです。
もしかしたら、「もしかしたら」裏で良い話が出来ているのかもしれませんが、こんな国家の尊厳を貶める形での譲歩は、形としてもあってはならないと思います。そのセンスがない時点で、この両名は外国だったら政治家は無理だったかもしれません。

>米政府は、北朝鮮が核申告の見返りに要求しているテロ支援国指定解
>除の環境が整ったと判断した上で、北朝鮮が核申告を提出するのに合
>わせ、指定解除に踏み切る公算が大きい
北朝鮮にとっては失うものは何もなく(調査の結果、やはり解決済みでした、で元通り)、得るものは大きい。日本にとっては失うものは沢山あっても、得るものは多分ない。そういうお人良しは迷惑ですので本当に国政の場に出ないでいただきたいです、
しかも、日本は譲歩しましたが、北朝鮮は何も譲歩していません。解決済みだけれども、テロ支援国指定解除のためと、日本が煩いのでもう1度調査を実演してみせるというだけです。それは相手を黙らせるためのパフォーマンスであって、譲歩とは違います。
もっとも、結果がついてくれば良いのですが、信じる理由はどこにもありません。左翼の輝かしい、弱者=善の変な性善説だけですね。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。