2008年06月19日

オーストラリアが中国人民主活動家を見殺しか

Zhang氏は中国の民主化運動組織に関与しており、中国国内で危険にさらされているとして、約10年にわたって亡命を求めていた。
人権保護当局は政府にZhang氏を再びオーストラリアに連れ戻すよう求めたが、実行されなかったと述べた。
クリス・エバンス(Chris Evans)移民・市民権相は、この件についてはまったく知らなかったとして、今後情報を収集すると述べた。

上の二つの条件で全く知らなかったなんて考えられないように思います。

日本も他人のことを言ってられませんが、オーストラリアには中国のスパイ(かそれに準じる存在かが)が相当数もぐり込んでいるらしいので、内部はボロボロかもしれません。

鯨(捕鯨)で盛り上がれてもこれでは・・・。まあ中国人より鯨が大事なのが本音なのかもしれませんが。(汗)
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/100982522


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。