2008年06月22日

中国が五輪から外国人ハンセン病患者を締め出し

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080619/erp0806191953009-n1.htm
>ジュネーブで開かれていた国連人権理事会は18日、ハンセン病患者
>やその家族に対する差別を重大な人権侵害だとする決議を全会一致で
>採択した。この案は日本政府が提案し、中国やブラジルなど58カ国
>が共同提案国となった。
こうであるにもかかわらず、

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008061900918
>日本財団によると、組織委は6月2日、五輪期間中の外国人の出入国
>に関する「法律指針」をインターネットで公表。この中で、ハンセン
>病患者の入国禁止を掲げた。

>ただ、指針は組織委の方針ではなく、中国の法令がどうなっているか
>を説明したもの。ハンセン病患者の入国禁止は、外国人入境出境管理
>法の実施細則で定められている。
とにかく、とにかく問題が出てきますね。細かい点かもしれませんが、こういうことは開催地の審査を行う段階で調べるべきなのではないでしょうか。
ハンセン病患者への差別根絶の決議に共同提案国になっておきながらこの状態の中国も、何を審査してたのかよく分からないIOCもどうしようもないです。
タグ:北京五輪
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。