2008年07月02日

暴動の起きた中国の少女殺害事件で再捜査


再捜査なんてしたら、普通に正義を求める暴動が中国各地で頻発しかねないので、正直やらないだろうと思ってました。勿論再捜査せずに暴動の責任だけを問うなんて、国として無理があることの証明だなんて思ってました。しかし、やるんですね。やるのが当たり前ですが。
>再捜査開始の報は、共産党の貴州省代表が前週の抗議行動を認める発
>言をした直後に流れた。
ただ、これを読むと、再捜査の指示を出したのは中央政府ではなく地方政府のように見えます。

>また、8月に開催される北京五輪を前に、調和がとれ安定した国として
>自らを示し、いかなる形の抗議も避けたい中国共産党政府の幹部たち
>にとって、今回の暴動は都合の悪い展開ともなった。
AFPBBも地方政府主導の再捜査だと受け取ってるように見えます。

オリンピック期間中は確か北京に警備が集中して、地方は手薄になるような話がありましたし、まさか開催中に住民を殺戮することは出来ないと思いますので、チベットを含め、中国は一体どうなるんでしょうか。
逆に交渉を伝えられるダライ・ラマ側にとっては、妥協を引き出す上で都合の良い(殺された少女は気の毒ですが)展開なのかもしれません。
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


貴州省
Excerpt: 張本人は元警察トップ?=少女殺人隠ぺい疑惑−中国時事通信【香港1日時事】香港紙...
Weblog: まぐまぐバックナンバーブログ
Tracked: 2008-07-02 09:16

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。