2008年07月03日

大人になるのを拒否する朝日新聞

「死に神」報道に朝日が回答 犯罪被害者の会は納得せず
公開質問状はこちら
>朝日新聞社は2日までに、全国犯罪被害者の会(あすの会)が同社に
>送付した質問書に対し、「気持ちに思いが至らなかった」と回答した。
これはとても普通です。

>「法相に対する侮辱中傷になると思わないか」との質問には、「中傷する
>意図は全くなかった。侮辱、中傷と取られたとすれば、残念だ」と答えた。
質問は、リンク先にありますが、以下のようでした。
>本記事後、貴社は「法務大臣や関係者を中傷する意図は全くありませ
>ん」とのコメントを発表していますが、意図はどうであれ、「永世死
>刑執行人、またの名、死に神」との記載は、法務大臣に対する侮辱中
>傷になると思いませんか
政治家の上手い(?)答弁のように掴み所がありません。しかも、朝日はさりげなく人のせいにしています。
しかし、彼らは政治家よりも頭が悪いようです。こういうのは時間があれば、おかしい部分がすぐ分かってしまうのです。

>回答について、あすの会は「満足させるものではない」として、再び
>抗議と質問をする予定という。
あれは中傷なんですから、何で朝日にとってはそうではないのかを、はっきり答えてもらいましょう。
まあ、私の予測としては、一応遺族を傷つけた件には答えたので、もう答えないと思いますが。

しかし、他の新聞社は横目で見て冷笑してるものと思いますが、こういう巨悪に立ち向かわない、マスコミなのにジャーナリストではない人達は、基本的にリストラの対象です。単に他に優秀な人材が現れないので駆逐されずに仕事をしていられるだけです。ニタニタしてる場合ではありません。
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。