2008年07月03日

一番安全なブラウザは一応Firefoxで確定らしい

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/02/news030.html

こういうのは様々な面からいろんなリスクが指摘できるでしょうから、結局何とも言えないのかもしれません。しかし、今回一つ重要な指標が発表されました。

何と、各ブラウザのユーザーが、ブラウザのアップデートをしてるかのパーセンテージです。

  1. Firefox 83.3%
  2. Safari  65.3%
  3. Opera  56.1%
  4. IE    47.6%
どんなに安全なブラウザでも、セキュリティーホールが発見されるごとに更新をしなくては、安全性はどんどん落ちて行きます。

何故Firefoxがダントツなのかと言えば、デフォルトで自動アップデートするからです。Firefoxユーザーの残りの16.7%は、自動アップデート機能をOFFにしてると思われます。メモリに余裕がないのに勝手に作動されては困るとかそういう理由でしょう。

IEはIE6と7で合わせてあるようですが、7は確か自動アップデートがあったのではないでしょうか。だとすれば、7だけで数字を出すべきだったと思いますが。

意外なところで差がついたものです。

Lunascape
Google Chrome

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。