2008年07月03日

イタリア、フィレンツェの大聖堂の落書き問題

イタリア世界遺産落書き:「厳罰」処分 伊紙「あり得ない」
イタリア人に言わせると日本人は(処分が)やりすぎだそうです。

>フィレンツェに限らず、イタリアでは古代遺跡はスプレーにまみれ、
>アルプスの山々には石を組んだ文字があふれる。大半がイタリア人に
>よるものだ。
脳裏に広がるのは何と清々しい光景なんでしょう。イタリアへの夢が一瞬にして潰れます(笑)。イタリアも日本のように厳しくなればかなり減ると思われますが、全くやりそうにありません。
ちなみに、テレビを見ていたら、処分された日本人の落書きの左右にも欧米の言語の落書きが見えてました。

大聖堂落書き:日本の謝罪に「敬服」…伊の修繕責任者
>欧米では「文化財への落書きは当たり前のように見られている」だけ
>に「(謝罪を通じて示された)日本人の良識」に尊敬の念を抱いたという。
欧米の観光地は日本のテレビによく出ますが、(この件以前に)落書きは見たことがありません。
それはともかく、イタリア人に尊敬されてしまいました。やはり反省はきちんとすべきですね。
そう言えば、日本人でもまともに反省できない大マスコミが・・・クドいですね(笑)。

近事片々:寛大ですな、イタリア人は…
毎日新聞の人はやはり自社の新聞を読まないんですね。前の日の記事に書いてあることなのに・・・(それでも見出しだけは読んでるようですが)。
あと驚いてるのに「寛大」も何もないんですが、もしかして眠いんでしょうか。昼間のはずなのに何で眠いのかなんて分かりませんけど。
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/102043427


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。