2008年08月28日

ちゃんとしてなかった"男" 星野仙一

「ちゃんとした使い方すれば抑える」岩瀬起用に落合監督
落合監督がどういうつもりでこうコメントしたのかは分かりませんが、岩瀬は星野監督の時代に出てきた選手です。それを「ちゃんとしてない」と言うわけですからなかなか面白いです(笑)。
星野監督も「男なら言い訳するな」と普段なら言いそうな人ですが、グダグダしてカッコ悪いです。
 星野監督の采配より見事な“すり替え戦術”
劣る相手を前にして、ダルビッシュも岩瀬も藤川(+打線やG.G)も、とまるでダメだったのは、結果を求めすぎたからではないでしょうか。ストライクゾーンがおかしいならおかしいで上手く開き直れば、パワーはともかく技術は日本が一番だったでしょうから、それでも何とかなった可能性が高いでしょう。現実の結果は、星野ジャパンは力のあるチームに対しては全敗でしたので、少なくとも状況への対応の仕方が一番下手だったとは言えると思います。
また、昔の古田や以前の宮本、そしてWBCの時のイチローのようなリーダーシップがなかったようであることも、短期間でチームが一つになりにくかったのではないかと思います。
それに、そこまで言っては意地悪かもしれませんが、星野監督もリーグ制覇は何度かあっても確か日本シリーズで勝ったことはなかったはずなので、短期決戦に強いということはないだろうと思います。
とにかく敗因がきっちり分析されるまでは、次のWBCの監督を決めないことでしょうね。星野監督がカリスマと気合だけでまた監督になりそうな雰囲気ですが。

落合監督 岩瀬起用法で星野監督斬り!
>岩瀬は勝ちパターンで行く投手。そういう使い方をしないと…。長年
>ウチの屋台骨を背負ってきたヤツなんだから
Yahoo!でスポニチの記事が出ていましたが、なるほど、そういう話ですか。
しかし、そういう使い方をしないと打たれるというのではひ弱と言うしかないでしょう。
ただですね、あれほど岩瀬が打たれ、帰ってきたらきっちり抑えるわけですから、何にせよ使う方が悪かったと言うしかありません。
まあ普通にボールやストライクゾーンとの相性が非常に悪かったと思うんですが、星野氏が中日の監督だった時は岩瀬はセットアッパーだったので、星野監督はそんな感じで岩瀬に接してしまったのかもしれません。
寡黙で多くを語らない岩瀬は、星野監督より今はカッコ良いと思います。
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。