2008年10月19日

【WBC監督問題】星野氏を推すのは王貞治氏

http://news.livedoor.com/article/detail/3863816/

楽天の野村監督による暴露です。

「王が“現役監督は難しい。星野がやるのがいいのではないか”と言ってた…かな」と会議の一部をポロリ。

・・・王さんは優しいですね。前回優勝の王さんが押せば、十分有力候補です。なんでまた星野氏の名前が一番に上がったかと思えば、そういうことでしたか。

「“仲良しグループがよくなかったんじゃないか”と言ったら、星野はムキになって“そんなことはない。あいつらは一生懸命やってくれた”と言っていた」と北京五輪でのコーチングスタッフに“ツッコミ”を入れたことも披露した。

星野氏にそんなことを人前ではっきり言うのはこの人くらいではないでしょうか。

一応田淵幸一氏も山本浩二氏も監督経験者のはずですが、こうなって見ると、厳しいはずの星野氏が甘い人選をしたのではないかという、つまりオリンピックを甘く見たのではないかという見方が成り立ってしまいます。

次があるなら、選手と同じ位厳しい基準でコーチも選んで欲しいです。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/108290503


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。