2008年10月23日

【WBC監督問題】星野仙一氏は辞退

http://hoshino.ntciis.ne.jp/
星野氏の娘さんは心労で入院されてしまったとか。星野さんの娘さん、これはそこまでのことではないですよ、と言いたいです。

例えあの戦力で勝って当たり前のように言われても、実際勝てば「流石は星野さん!!」と絶賛の嵐は確実でした。多少違いますが、言わば「勝てば官軍、負ければ(大敗すれば)賊軍」なんです。

星野さんはまるで犯罪者扱いなどと以前から不満を漏らしていらっしゃいますが、賊軍なんだから犯罪者も同然です!(-_-)

かつてサッカー日本代表の岡田ジャパンが岡野選手のゴールでワールドカップ出場を決めた時、岡野選手は、負けたら日本へ帰れないと思っていた、と言っていましたが、星野さんにはそういった覚悟がなかったんでしょう。

言い換えれば、(私が言うと少し違う気もしますが)日本プロ野球界の国際経験の不足であり、また星野氏の国際経験の不足という問題があったのではないでしょうか。

もちろん、前回WBC監督の王さんにも特に国際経験など無かったでしょうが、運とイチローにして「王さんに恥をかかせるわけにはいかない」と言わしめた人望でどうにかなってしまいました。

後になってみれば、アマチュア日本代表に長くかかわる人間をアドバイザー的に迎え入れる訳には行かなかったのかとか言えるわけですが(多分)、その辺りは日本プロ野球界全体の問題だと思います。何か中央官僚が大威張りで地方に乗り込んできて、経験のあるノンキャリを君らはもういいからと放逐して・・・という話と似ていて残念です。

また、星野氏にしても、名声の陰に隠れた悪評があったようで、それに加え、コーチの人選に厳しさが見られず、「仲良し組」で組閣してしまったことも、やはり日本として最良を求めるなら問題であるように思えます。

まあ何か一つが原因でああも酷い結果が出る訳がないと思えますので、星野氏にしても日本プロ野球界にしても、これを良い機会に出直しを図るべきでしょう。


ただ、星野氏の娘さんが不満に思っている「パパ一人悪者にして」というのは不満としては妥当と思われます。

星野氏を代表監督に選んだのは星野氏ではありません。

阪神のオーナーが自分にも責任はあるが岡田監督と一緒に辞める訳にも行かないから、と自分で減俸してましたが、現在代表関連でそういう人はいらっしゃいません。

それどころか、北京での経験もあるし、現役監督では大変だからなどという理由で星野氏にまたやらせようとする人達が何故か沢山いるようです。

自分たちが責任を負わないから星野氏にも厳しく出来ないのかもしれません。


また、北京ではどういう理由で負けて、それを繰り返さないためにどういう方針を立てるのかなどあまり問題になっていないように思います。

カリスマを求めるのも結構ですが、カリスマのある(あった)星野氏に拘る姿勢を見ると、オールスターあたりのお祭りと果たして本当に区別できているのかと心配になります。

会議にはビックネームが揃うわけですから、誰か一人くらい思い切って彼にやらせたらどうかという人材の目途はないのかと、もしくはそういう見る目をもった人材はいないのかと。


落合博満の超野球学〈1〉バッティングの理屈ただ、一人「彼」が良いとほぼはっきり言ってる人と、言われている人がいます。それが野村監督であり、彼が極めて高く評価する落合監督です。

幸い見事に、実績的にもカリスマ的にも「落とし所」的人材でもあるので、落合監督か、日本シリーズの優勝監督かで良いのではないでしょうか。

もっとも、優秀なGM的存在があらわれ、きちんと決められらばそれで良いのですが。

どうも王さんは「名誉議長」的で信頼できそうにありません。

リーグでの実績や、前回WBCの経験(実績)があるので、監督を引き受けるなら特に言うことはないですが。


※ちなみに私は中日ファンですので、星野さんのことはあまり悪く言いたくないですし、落合監督には出来ればWBCの監督をやってもらいたいのです。(笑)

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/108471314


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。