2008年10月24日

北海道新聞は狂ってる

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/189014/
夜の会合に連日行っていて、一晩で何万もするような高級店に行っているが、それは庶民の感覚とはかけ離れていると思う。首相はどのように考えるか

この記者は自分のことしか考えずに粗探しをしてますね。首相は庶民とは違います。気持ちよく仕事をしてもらうことも考えろ、と。


お金に色は付いていないが、政治献金や政党助成金という形で金を出すのは高級な食事をするだけのためではないと思うが…

「自分でお金出します。政党助成金、もしくは私はその種の金、幸いにして自分のお金もありますから、自分で払ってます」

・・・は?そんなこと先に聞くべきことでしょうに。

何ということでしょう。何で自分の小遣いの使い道まで記者に責められなければならないのでしょうか。


 −−そしたらそれで返上するという…

「返上?(遮って終わる)」

・・・飲みに行く金があるなら政党助成金に充填しろと??

どうしようもないですね。幼稚園からやり直せと言いたいところですが、多分やり直しても同じでしょう。それこそ教育費の無駄遣いになってしまいます。

多分根本が完璧に共産主義者なんでしょう。そうでなければここまでのことを人前で平気で言うことなど不可能です。

こんな連中(一人かもしれないですけど)に毎日付きまとわれたらその内キレます。

何と気の毒な話でしょう。


しかし、今回は北海道新聞だと分かっただけマシでした。

東国原知事も朝日の記者を名指しで非難してましたし、どういう質問をどこの記者がしたか時々発表してもらいたいものです。

これとは逆に名を上げる新聞社だって必ずあるでしょうから、全体のレベルだって上がるだろうと思います。


夜の会合「ホテルのバーが安全で安い」 首相、批判に反論

ボトルキープは2万5千円 首相愛用のホテルバー

総理大臣の給料は2004年度で4165万円とのことですので、完全に庶民からかけ離れています(笑)。この人たちはそこまで言うなら首相の給料を年800万まで減らすよう運動でもすることですよ。

また、年4000万も貰っておいて、ボトルキープ一本2万5000円であれば安いのではないでしょうか。

北海道新聞はそんなこと位調べなくても分かるでしょうに、そこまで記事にしておいて書くのを避けています。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。