2009年02月24日

朝日新聞社は新聞社の資格を返上してはどうか?

朝日新聞社が所得隠し 7年間で4億円

カラ出張による所得隠しって何で犯罪にならないのでしょうか?しかも、7年で4億という大金です。逮捕者も書類送検者も出ないというのはちょっと納得できません。

不正発覚を受け、同社は京都総局の当時の総局長らを停職処分にし、東京、大阪、西部、名古屋の4本社の編集局長を減給処分にした。報道機関が自社の管理責任を問い、各編集局長を一斉に処分するのは極めて異例。

さて、身内ではないのに同業者ということで矛先が甘いというか、矛先のない棒で突っついている産経新聞のこの体たらく。それだけの人達が処分されているのであれば、上層部の責任は免れ得ないのではないでしょうか?

7年間で400,000,000円って1年で5〜6千万もの大金です。処分されたのが「東京、大阪、西部、名古屋の4本社」って全社的な体質だったとしか思えないんですが。

産経も「極めて異例」などと書きたてて、朝日が幹部の責任問題を避けるのを見事にバックアップしています。何故か阿吽の呼吸に見えるのは何故なのでしょうか?(笑)

産経が何かやったら朝日が手加減するとは限らないと思うんですが、一体何をしているのでしょうか?それとも既に手加減をしてもらっているのでしょうか?

任命責任

中川氏に関して麻生氏がこれを言われているのですが、朝日上層部にだって当然そういうものがあるのではないでしょうか?(任命責任だけでは済まないと思いますが)

当然、同業者の悪を暴かないという「不作為の作為」で他の新聞社もしょっ引かれるべきだと私は思います。一回逮捕されれば、次からは間違いなく書くようになるでしょ。(笑)


ちなみに、一応素で分からない人がいるかもしれないので書いておきますが、このエントリーのタイトル、橋下現大阪知事が朝日に「そこまで言って委員会」の関係で言われていたやつです。

…朝日新聞は何十回資格を返上することになるんでしょうかね。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。