2009年06月24日

東国原知事の嫌味

東国原氏「総裁候補が条件」 自民・古賀氏の衆院選出馬要請に
…自民が実際にそれを受け入れたら、当然国民は自民党を完全に見放すでしょう。なので、東国原氏が自民党総裁になることなど考えられない以上、のこのこと彼の人気の正当な対価も用意せずに当てにして、宮崎くんだりまで足を運んだ古賀氏に対する嫌味に決まってるじゃないですか。

テレビを見ていたら、総務大臣あたりが落としどころじゃないかなんてやっていましたが(笑)、実のころそれはそれで良いのではないでしょうか。なぜなら、無理なく西川氏の首を飛ばせるからです。(笑)
そうなった場合、全国知事会のマニフェストというものも自民党が呑んでいるでしょうし、「ほ〜ら、自民党はここまで変わりました!」と宣伝しやすいでしょう。

東国原氏の発想は疑問
知事がまだ1期目も終えられていない中で、政党を救うために、知事の職を投げ捨てるみたいな発想が果たして、県民とかあるいは国民に理解されるかどうか、ということに関しては疑問があるのではないかと。これは一般論として申し上げておきます
救うとすれば、日本そのものです。現在も知事として色々と国に不満を持っていらっしゃるわけです。政党を救うためにだなんて、東国原氏に失礼なのではないでしょうか。鳩山氏は、相変わらず話をちょっとずつ歪めて行くのは十八番のようです(こういう人間を信任してはならない)。
しかし、ちょっと嫌がってる感が出ていて結構な話です。

「自民党はコケにされたの?」(by 鳩山邦夫)

ついでにこのいい歳して正義だのと言ってる人や、民主党の印象も少し古いものに出来ます。
何と、一挙数得ではないですか。
仮に総務大臣で済むのであれば、結構ではないでしょうか。

それにしても、古賀氏はどうしようもないですね。まさに恥をかきに行ったに等しいです。
今後は橋下徹大阪府知事、森田健作千葉県知事にも協力要請する方針

・・・橋下知事はともかく、選挙が殆ど詐欺だった森田健作は駄目でしょう。
少なくともこの道路大臣の人よりは、東国原氏の方が知性があるように見えます。
この人が自民の選挙対策のリーダーですか。もしかしたら、東国原氏にこうやってのこのことコケにされに行ったのが、嫌味なしで一番の成果となることがあるのかもしれません。(笑)

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。