2009年06月30日

鳩山邦夫の正義

鳩山邦夫氏の行動は、何だかんだで兄を党首とする民主党を援護するものと映りますが、さすがに本人もそう見えるのは不味いと思ったのか、コメントを出しています。

「兄は小沢の番犬」鳩山前総務相、またまた皮肉
民主党が政権を取れば、日本は滅びる(テレビにて)

自民党の政治家であれば、まず自民党が勝つことこそが正義の第一歩という感覚があって当然のはずですが、この人物にはないので、ああなるんでしょうね。
その上、麻生総理との「義」も疎かにして彼も元々更迭派だったという手紙の内容を公開し、今度は、
麻生太郎という旗印の下で総選挙をやることは潔しとしない
などと言い始めました。
…誰のせいで必要以上の苦境に陥ったか分かっていないんですね。
鳩山氏としては、西川社長を更迭しなかった麻生氏当人のせいということになるのかもしれませんが、この大事な時期に党内の分裂を防ごうとすれば、麻生氏の取った選択しかなかったのではないでしょうか。それで、自民党内で、鳩山邦夫氏以外には声高に西川氏の更迭論を唱える人はいなかったように思います。

首相の振付師は菅、安倍氏=鳩山前総務相が明かす
この鳩山という人物はどうしようもない卑怯者で、やはり肝心な人物の名を出しません。
自分を正義だと言いたいのであれば、

直接小泉と戦えよ!

と言いたいです。
国民は皆テレビを見てるから知ってるんだぞ!と。(笑)
世の中では普通卑怯者を「正義」とは呼びません。
「盟友」に迷惑をかけるだけなんだから、これ以上グダグダするなら、身を引いたらどうだと言いたいです。
それとも、やはり兄が総理になるのに協力しているのか。そちらだとしても、こういう形ではやはり卑怯者です。
何にせよ、この人は普通の人ではないんですよ。
結局、鳩山家の看板+東大(しかも主席か次席)の看板の組み合わせはかくも偉大でした、というお話だったのでしょう。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/122496786


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。