2009年07月29日

民主と社民の「連立詐欺」

民主と連立「可能性高い」=社民党首
給油継続、社民と折り合える=民主・岡田氏
民主の給油継続ぶれ看過できぬ 社民・福島氏

民主党と社民党は総選挙後の連立を前提としているようですが、どうも両党ともに相手が折れることを前提としているようです(相手が折れるはず、と信じている振りをしている)。

社民・福島氏が自衛隊の海外派遣で折れる訳がありません。ほぼ100%ないでしょう。
また、この問題はインド洋での給油にとどまらず、ソマリア沖での海賊対策にも広がりを持っています。
民主が自衛隊派遣を一応認めたのに対し、社民は当然絶対反対です。

鳩山代表、9月半ばに新政権の意向 国連総会出席めざす
鳩山氏は、民主党が国連平和活動への積極参加を掲げていることもあり
そういうつもりなのに、この件はPKOではありませんが、やはり海賊対策には自衛隊は出せません、とはならないでしょう。勿論海上保安庁の巡視船をソマリアまで派遣するなどというのは、あまりに非現実的です。

こういうことである以上、選挙で「政権交代」の看板を派手に掲げたいので、及びお互いに相手の勢力の票が欲しいので、わざと事を曖昧にしているようにしか見えません。
この両党は必ず選挙前に連立をどうするのかを発表すべきです。現状では、ほぼ詐欺が行われているとしか言いようがないのではないでしょうか。



インド洋給油、当面は継続=米との信頼関係重視−民主
民主党は、参院で野党が多数を占めていることを背景に、旧テロ対策特措法を07年11月に期限切れに追い込み、海自艦船をいったん撤収させた経緯がある。
インド洋での給油にはただ反対していただけでなく、一度反対を実現した実績まであります。
同党はインド洋での給油活動に反対してきたが、活動継続に期待を示す米国との信頼関係を維持することを重視、直ちに撤収させるのは得策でないと判断した。
それなのに、ここに来て政権を取れるかもしれないのでやはり給油は続けます、では済まないでしょう。民主党政権下でアメリカとの信頼関係が維持されるのは重要でも、自民党政権下でのアメリカとの信頼関係はどうでも良いなんて、そんな馬鹿な話はありません。
こういうことであれば、2007年の撤収時の責任を取るべきではないでしょうか。
もちろん、誰にも責任なんて取りようのない、大きな話なんですが。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。