2009年08月12日

民主党は塩水(最低賃金時給1,000円)

最低賃金を時給千円にして低所得者の暮らしを楽にすると言えば、当然耳に物凄く心地良いです。
しかし、では千円にしましょう!で済むことなのでしょうか。
現在の全国平均の最低賃金は時給約700円ですが、それを1,000円にした場合、では同じ会社で900円もらっていた人はどうなるのでしょうか?
左翼属性のある人には分かりにくいかもしれませんが、900円もらっていた人も1,000円にするのでは明らかに不公平です。時給が700円の人と、900円の人では元々勤続年数なり仕事の内容なりがかなり違うからです。元々200円の違いだからと言って1,200円にしてもまだ不公平です。事実上差が縮まっていますから。
では幾らにすれば良いかと言うと、700円から1000円になると約1.4倍ですので、900円を1.4倍にして1,260円ということになります。
では、元々1,260円もらっていた人はその時どうするのかと言えば、やはり1.4倍して約1,760円にしてもらう必要があります。・・・そうやって結局人件費は全体で1.4倍を達成する方向に向かうことになります。
勿論会社の体力によっては皆の給料を1.4倍にするのは無理なのですが、その場合、最低賃金を1,000円にしてもらった人は交通手当が出なくなったり、残業代が出なかったり、ボーナスがもしあるならボーナスが出なかったり、10年位昇給がなかったりと必ず元の格差の比率を維持する方向に向かうでしょう。
そして、最低賃金を時給1,000円にする過程では、人を雇えなくなったり、商品・サービスの価格を上げざるを得ない中で潰れる会社が出たり、工場が海外へ移転したりと、とんでもない社会混乱を引き起こすでしょう。
そして行き着く先は、人件費が4割上がると物価はどれくらい上がるのかはよく分かりませんが、極めて単純に言えば、現在の700円で買えるものが1,000円出さないと買えない社会、と言うだけのことになるでしょう。
勿論その場合には、今まで必死に貯めた貯金も事実上目減りしてしまいます。

片や、自民党は10年で一世帯当たりの可処分所得を100万円増やすと言ってます。10年と言えば120ヵ月ですので、一カ月平均で8,300円づつ上がらないと達成できません。しかも、勿論10年に渡ってそれだけの金額が上がり続けなければなりません。
…無理に決まってるだろ!!
と、思うのは当たり前です。高度成長期であればともかく、現在では無理ですから。
現在の一世帯当たりの平均所得は556万円ですので、単純に100万円増えるということになると、656万円です。倍率でみると、約現在の1.179倍ということになります。ただ、単なる所得ではなく、可処分所得ということですから、税金等を考慮すると1.2倍強位となるのでしょうか。8,300円づつ10年間毎月増やさなければならないとなると実に大変と思えますが、倍率的には1.2倍程度でしかありません。
…さて民主党は何と言っていたでしょうか?
何と、4年で1.4倍目標です(正確には全国平均の最低時給は703円なので、約1.422倍です)。ただ、家賃なども上がることは確実なので、可分所得は1.4を切ることになるのだろうと思いますが。
4年で約1.4倍と10年で約1.2倍。一体どちらが無茶苦茶なのか。
実のところ、自民だってその数値を達成するには、勿論最低賃金を上げてしまえば極めて簡単です。民主の4年で約1.4倍が支持されるのであれば、自民党もそれをやってしまえば、4年で軽く達成できます。

なので、自民の出したその数値と言うのは、民主があんなアホなことを言うのであれば、俺にもこれくらい言わせろ、という話に過ぎません。
「切り返し」としてはそこそこ面白いのですが、いかんせん、何故かまともに突っ込めるマスコミがないんですね。
つまり、マスコミがまともに機能していないに等しいです(知恵のある専門家に聞くことすら出来ない)。
結局最低賃金というのは、私もこんなことを勉強した訳ではないですが、経済成長率や景気動向に合わせて上げて行くのが正しいのでしょう。
勿論、貧しい人の暮らしを出来るだけ楽に、というのは分かりますが、真っ当な手段は第一に景気回復ということになるのではないでしょうか。
他に良い手段があるなら、それを実行するのも良いと思いますが、最低賃金を無理に上げても混乱を引き起こすだけでしょう。

という訳で、このZAKZAKの記者(とiZaの編集長)は左遷です。
自民ブチ上げ「手取り100万増」…信用できるか!
ついでに言うと、所得減はバブル崩壊後の不況(まあバブルも自民党でしたが)と、そこかた立ち直る過程で製造業の派遣を解禁するなどした結果ですね。勿論企業優遇とは言っても、日本経済を立て直すには必要だったんでしょう。昨年からの世界的な経済危機で、また、経済は悪くなってしまいましたが、若干遅いにしても、現在が軌道修正をする時期なんでしょう。
間違った認識で自民党を悪者にし過ぎると、もっととんでもないことになりかねません。天下りと幼児教育については本当ならそれで結構ですが、それらは「おまけ」なので、世のためにならない煽り記事でした。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。