2009年08月17日

民主党は日本人だけの党ではない

iZaをウロウロしていたら、偶然一般人ブログのとんでもない記事を見つけました。

http://romeo-juliet.iza.ne.jp/blog/entry/1177733/

民主党の『党則』に党員の資格に『日本人でなければならない。』はなかった。
・・・。
これはさすがに幾らなんでもあり得るのか?と猜疑心に苛まれながら、民主党のHPの中を捜しました。
http://www.dpj.or.jp/governance/policy/index.html
本党の党員は、本党の基本理念および政策に賛同する18歳以上の個人(在外邦人および在日の外国人を含む)で、入党手続きを経た者とする。
…あった。
…それで外国人地方参政権の実現が結党以来の悲願だったりする訳ですか。
それでも、日本国旗を飾る位の分別があればまだほんの少しはマシですが、そういう常識的な分別はこの政党にはありません。

何で日本人だけの政党ではない政党が日本の政党の範疇に入っているのでしょうか??
どう見ても選挙法の改正が必要です。
民主党は、少なくとも日本においては、道義的・実質的に非合法の政党です。
自民党は、日本国民だけを党員とする政党を日本の適法な政党とすると、法改正を選挙公約に掲げるべきです。
どう考えても、それが日本人の義務でしょう。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。