2009年08月26日

社民党は総選挙で支持者に問うべき

社民・福島党首「連立参加の判断は全国代表者会議で」

民主応援 なおためらい 社民支持者 くすぶる不満 インド洋給油など政策に差 党勢衰退も懸念

…総選挙があるんだから、自衛隊の海外派遣に関してどうするのかを事前に決め、選挙で支持者に問うべきだと思います。まあ(普通の)民主主義の党とは少し違うのかもしれませんが。

社民党――自らの主張と民主との「連立」の矛盾をどう説明するのか

社民党については、歴史の問題がある」と指摘。「かつて(社民党の前身の)社会党が自民党と自社さ政権を組んだとき、消費税反対や、自衛隊は憲法違反、日米安保条約反対という立場を全部捨てました。そのことについて社民党は歴史的な総括をされていないと思います。そういう問題点もあるということを社民党には率直にいいたい
…何とまあ、自民と組んだ時の総括も出来ずに今までやってきた訳ですか。
反対、反対!と口煩いのだけが取り柄に見えてしまいますが、そういう人ってやっぱりそうなんですね。
党首も政治家と言うよりタレントに見えますし。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。