2009年08月31日

小沢一郎の選挙民を軽んじる暴言

小沢氏が初街頭演説「文句言う資格ない」

自民党に一票を入れておいて政治に文句を言う資格はない。投票を棄権する人たちにも、政治に文句を言う資格はない
以前小沢氏は、自民はダメだけれども民主はもっとダメと国民の多くが思ってる、というようなことを自分で言っていたはずですが。
自分たちの才能・努力不足を棚に上げて、国民の頭のせいにするとはどういうつもりなのでしょうか。
こういう人物が実権を握っている党に投票しないというのは、一つの正しい投票の仕方だと思います。

これは漢字を読み間違えたりするより、政治家としてずっと大きな問題だと思うのですが、マスコミは問題にしないし、産経も「皆さん、小沢がこんなことを言っていますよ〜!」とやっている程度で自分で追及する気がありません。

マスコミは政治家に質を求めたり、選挙民に投票を呼び掛けたりする前に、自分たちは自分たちでこなさなければならない課題があるはずですが、ほぼやる気がないんですね。他の国ではマスコミとは「ジャーナリズム」なのかもしれませんが、日本においては「職業情報屋」に過ぎません。
健全なマスコミの不在・不足が日本の閉塞感の大きな一因と言えるのかもしれません。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/126858164


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。