2010年04月19日

【捕鯨問題】アメリカでは犬猫を日本の約15倍処分している

50歳からのペット吟味に吟味を!!

ところが、犬猫の殺処分数は31万457匹(07年)。米国に至っては、毎年400万〜500万匹が殺されている。鯨やイルカの保護も大事だが、米国人の頭の中身も変えるべきだ。

何気なくクリックして見てみたら、gendaiが非常にまともな記事を書いていたので驚きました。

ああ、そう言えば雪が降ったりしたな、と。

それはともかく、アメリカの人口は3億人を超した程度なので、日本の約2.5倍です。にもかかわらず約15倍も処分しているので、約6倍ということになります。もしかしたら野犬や野良猫も多いのかもしれませんが、鯨の心配をする前にそちらをどうにかしたらどうかと、確かに言いたくなります。


コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/146965560


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。