2010年09月04日

ご来光渋滞

8月3日のテレビ東京の「ガイアの夜明け」でアウトドアブームについて特集していまして、その中での話です(単なる覚書というか、一種の面白ネタです)。

専門のコンダクターが、若干高価な料金を払った女性達からなる少人数のグループを引き連れて富士山に登っていまして、頂上でご来光を仰ごうと午前2時に頂上付近に着いたのです。そして、そこで視聴者が目の当たりにすることになったのは、まごうことなき観光地の現実です。

何と、タイトルの通り「ご来光渋滞」という名の大渋滞です。

人が持つ、もしくは頭に付けた懐中電灯の明かりが延々と、絵にかいたような山のクネクネ道に続いていまして、恐らくその午前2時の時点で、既にもはや頂上には上がれない人達は500人〜1000人程度はいたように見えました(テレビでは満員電車に例えていましたが、さすがにそこまでではなかったです)。

富士山頂上と言えば俗世から離れたイメージがあると思いますが、人気ゲームやiPad等を買うために早朝から並んでいる列と大差ない光景が、何故か富士山の山頂にも広がっているのです。

世の中が、いかにも狭く、つまらないものになってしまったかのような絶景でした。

…勿論冷静に考えれば、渋滞する日は土曜の夜や連休絡みだと思います。そういう日にしか登れないのであれば、覚悟するしかありません。

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/161559862


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。