2008年05月24日

ヒラリー・クリントンの「RFK(ロバート・ケネディー)暗殺」言及騒動の真相

「夫・ビル・クリントン(Bill Clinton)が1992年の候補指名争いでライバルを制したのは6月中旬に行われたカリフォルニア州での予備選挙だった」と述べた。
さらにクリントン氏は、「ロバート・ケネディが(候補指名争いの最中)暗殺されたのは6月だった。(撤退を求める声が)理解できない」と述べ、過去数回の指名争いが6月まで続いたことを強調した。
日本ではここが問題とされていますが、アメリカではどうもこの辺りの内容を問題としているように見えます。
We all remember Bobby Kennedy was assassinated in June in California. You know, I just-- I don't understand it. And you know, there's lots of speculation about why it is, but uh..."

She was asked: "What's your speculation?"

"You know, I don't know," she said. "I find it curious, and I don't want to attribute motives or strategies to people that I don't really know. But it is-- It's a historical curiosity to me."

Yahoo!翻訳
みんなは、ボビーケネディがカリフォルニアで6月に暗殺されたのを思い出します。あなた(私ちょっと)は知っています−私はそれを理解しません。そして、あなたは知っています、それがなぜあるかというたくさんの推測があります、しかし、あー...

彼女は尋ねられました:「あなたの推測は、何ですか?」

「あのね、私は知りません」と、彼女が言いました。「私はそれが好奇心が強いとわかります、そして、私は動機または戦略を私が本当に知らない人々のものであると考えたくありません。しかし、それはそうです−Itは私への歴史の好奇心です。」

http://blogs.abcnews.com/politicalpunch/2008/05/clintons-contex.html

これがあの件で傷ついた国民とケネディー家に失礼じゃないか、と問題とされ、それで彼女は、
"The Kennedys have been much on my mind in the last days because of Sen. [Edward] Kennedy, and I regret that if my referencing that moment of trauma for our entire nation and particularly for the Kennedy family was in any way offensive. I certainly had no intention of that whatsoever," Clinton added.

Yahoo!翻訳
「Kennedysは上院議員[エドワード]ケネディのため、最後の日の私の心に関する多くでした、そして、私が我々の全国のために、そして、特にケネディ家のために精神的外傷のその瞬間にリファレンスをつけることがどんな形であれ不快であるならば、私はそれを残念に思います。私には、確かに全くそれをする意図がありませんでした」と、クリントンが付け加えました。

http://www.cnn.com/2008/POLITICS/05/23/clinton.comments/index.html
と謝る羽目になりました。
当のオバマ陣営はこれを単に「不謹慎で選挙戦中の発言として不適当」とだけコメントしてるようです。そのような流れで、こういう発言になったと見ても自然です。
オバマ氏に謝ったり、オバマ氏が謝罪を求めれば大きなニュースになるはずですが、ないので単にそういう話のようです。

CNN JAPANにメールしたからかはっきり書いてもらえました。
「ケネディ暗殺発言、オバマ氏と無関係」クリントン氏釈明
「(発言の)直後から、一部の人々がわたしのコメントを文脈から切り離し、(発言意図とは)全く違う思いも寄らない方向に解釈した」と述べた。

自身がオバマ氏の不測の事態を想定しているかのようにブロガーらに誤解されて「がくぜんとし、困惑した」と語った。
私としては単に歴史的事実に言及したことよりも、暗殺事件に興味本意と取れる言及の仕方をし、大統領(候補)としての当事者意識が欠けて見える方が問題だと思うんですが(私はこの発言でやはりヒラリー・クリントンは大統領の器ではないと思いました)。
オバマ氏の暗殺を期待している云々と言うのはお気楽な芸能ニュース的な捕らえ方で、普通に捕らえれば論外です。まあ発言がヒラリーさんのキャラに微妙に似合ってしまったという「普段の行いが悪い」側面もあるにはあると思いますが。

リビング・ヒストリー ヒラリー・ロダム・クリントン自伝
リビング・ヒストリー ヒラリー・ロダム・クリントン自伝酒井 洋子

早川書房 2003-12-23
売り上げランキング : 143212

おすすめ平均 star
starTwo Thumbs Up
starリスニングの練習に最適
starまさに今を生きる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄
この記事へのトラックバックURL [承認制]
http://blog.seesaa.jp/tb/97815320


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。