2008年06月04日

「モンスターペアレント」ならぬ「モンスター患者」

東京中日スポーツ
「モンスターペアレント」がシリーズになって、第二弾が「モンスター患者」ということになったようです。まあ中日新聞だけかもしれませんが。7割の病院が過去2年間に暴力や暴言を受けたことがあるとのことで、調査された340病院中では・・・
>対策として65病院が「弁護士に相談する体制を取っている」と回
>答。10病院が「警察OBを雇用」している。
とのことです。
しかし、暴言を吐くとかそんなのはどこにでもいる気がします。私は赤ちゃんを生んでおいて病院代を払わないとかそういうのの方がモンスターだと思います。
最近病院代を払わない人達が増えてるという話です。それで経営が圧迫されることもあるとか・・・。
本当に払えなければ仕方がないかもしれませんが、病院側もズバっと法的手段に出れば良いんですよ。それで何割かは平和的に支払われて、速やかに問題なく解決されるものと思います。皆困ってるなら、病院同士でそういう問題を解決するための会でも作れば良いと思うんですが…。
コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。