2008年06月06日

吉野家で中国製鰻丼

http://www.j-cast.com/mono/2008/06/05021286.html
2008年5月30日から7月下旬までの期間限定で値段は530円、みそ汁と漬物がセットになった「鰻定」は580円で発売、とのことです。
中国産の鰻を使用し、現地で調理したものを店舗で過熱して提供する。
「日本産」として売るために焼くところまでは向こうでやって、タレは日本で塗るところが増えてると以前ニュースでやってましたが、タレも向こうです(笑)。
はっきりさせて安く売るんだから、まあどうぞという感じですが。

鰻の病気を防ぐためにマカライトグリーンという違法な薬が使われてると時々問題となりますが、ニュースを見ていたら、薬を使わなくても鰻が病気にならないで済むように、広い池に引っ越したなんて業者を紹介してました。
しかし、その業者が引っ越した先は揚子江の水を引いている溜池でした。中国では山岳部でなければどこの水も怪しいようですが、揚子江の下流は工業排水の垂れ流しで危ないです。揚子江イルカだっていなくなってしまいました。
それでもマカライトグリーンよりは全然マシで、検査にも通るんでしょうが、私は正直食欲が失せます。(汗)

中国危険産物取り扱い読本
中国危険産物取り扱い読本椎名 玲

おすすめ平均
starsもしもの時に備えた除毒テクニック
stars蓄積がこわい
stars怖いですね!
starsもっと早く買っていればよかった!!
stars中国は懲り懲り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント欄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック欄


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。