2009年08月19日

鳩山由紀夫が献金疑惑に改めて釈明

鳩山氏「元秘書が保身で…」故人献金など疑惑を釈明

日本記者クラブで開かれた討論会なら、質問する余地だってあったはずです。
鳩山由紀夫の聞かれてはまずい話は誰も触れなかったんでしょうか。
…マスコミは弱すぎ。

弟の邦夫氏が色々バラしてますよ〜と聞けば良いのに。
酒井法子の話であれば、根掘り葉掘り毎日報道してるのに、勢いのある政治家だと何も出来ませんか。

とにかく一社で聞く勇気がないのであれば、連名で聞くべきです。朝日新聞だけ抜けるという話にでもなれば、理由を聞いてそう書けばよい訳です。
こんなマスコミであれば、一回全部解体して作り直した方が良い位です。
当然幹部連中には全員辞表を出してもらうべきです。
官僚や政治家のことを言ってる場合ではないのではないでしょうか。

2008年08月28日

ちゃんとしてなかった"男" 星野仙一

「ちゃんとした使い方すれば抑える」岩瀬起用に落合監督
落合監督がどういうつもりでこうコメントしたのかは分かりませんが、岩瀬は星野監督の時代に出てきた選手です。それを「ちゃんとしてない」と言うわけですからなかなか面白いです(笑)。
星野監督も「男なら言い訳するな」と普段なら言いそうな人ですが、グダグダしてカッコ悪いです。
 星野監督の采配より見事な“すり替え戦術”
劣る相手を前にして、ダルビッシュも岩瀬も藤川(+打線やG.G)も、とまるでダメだったのは、結果を求めすぎたからではないでしょうか。ストライクゾーンがおかしいならおかしいで上手く開き直れば、パワーはともかく技術は日本が一番だったでしょうから、それでも何とかなった可能性が高いでしょう。現実の結果は、星野ジャパンは力のあるチームに対しては全敗でしたので、少なくとも状況への対応の仕方が一番下手だったとは言えると思います。
また、昔の古田や以前の宮本、そしてWBCの時のイチローのようなリーダーシップがなかったようであることも、短期間でチームが一つになりにくかったのではないかと思います。
それに、そこまで言っては意地悪かもしれませんが、星野監督もリーグ制覇は何度かあっても確か日本シリーズで勝ったことはなかったはずなので、短期決戦に強いということはないだろうと思います。
とにかく敗因がきっちり分析されるまでは、次のWBCの監督を決めないことでしょうね。星野監督がカリスマと気合だけでまた監督になりそうな雰囲気ですが。

落合監督 岩瀬起用法で星野監督斬り!
>岩瀬は勝ちパターンで行く投手。そういう使い方をしないと…。長年
>ウチの屋台骨を背負ってきたヤツなんだから
Yahoo!でスポニチの記事が出ていましたが、なるほど、そういう話ですか。
しかし、そういう使い方をしないと打たれるというのではひ弱と言うしかないでしょう。
ただですね、あれほど岩瀬が打たれ、帰ってきたらきっちり抑えるわけですから、何にせよ使う方が悪かったと言うしかありません。
まあ普通にボールやストライクゾーンとの相性が非常に悪かったと思うんですが、星野氏が中日の監督だった時は岩瀬はセットアッパーだったので、星野監督はそんな感じで岩瀬に接してしまったのかもしれません。
寡黙で多くを語らない岩瀬は、星野監督より今はカッコ良いと思います。
2008年08月16日

崩壊していた反町ジャパン

http://news.livedoor.com/article/detail/3775789/
>試合前に反町監督から「オランダはうまいから前からボールを取りに
>いかなくていい」との指示が出たが、選手は無視。本田圭は「オレの
>考えは違った。何人かの選手に“前からいって相手を圧倒しよう”と
>話したら、賛同してもらった」と証言した。
張本人なら黙っておけば良いのに、ペラペラ喋ってるところが状況として恐ろしいです(汗)。
本田はオランダの所属チームが二部落ちで、誰より真剣だったでしょうから、何とか良いゲームをしたかったんでしょうが・・・。

>反町監督は「悔いはありません。2年間で選手たちのプロ意識を高め
>る手助けをした自負はある」と強がったが、世界の壁はあまりにも厚
>かった。
全敗でそのコメントでは、最初から任せるのは無理があったような気がします。まあメダルを狙うと言いつつも、プロ意識が高まればそれで良いのであれば、良いのかもしれませんが。
それに、世界の壁も何もオーバーエイジを選べなかった時点で終わってます(一応1度は遠藤を選びましたが)。DFで経験の浅い吉田(元ボランチ)なんか突然呼んでる時点で育成でしかありません。とりあえず闘莉王か中沢を呼んでおけば、最後の10分でフォワードに入ってドサクサ紛れに何とかしてくれたかもしれないのに。
しかし、考えてみればプロ意識が高まったも何も、最後に監督の指示を無視して自分達で勝手にやってるようでは、そのプロ意識もどうなってしまったか心配です。これで本田も前科者ですし。
2008年08月05日

北京のカルマ(業)





三日ほどきれいに晴れていたのに、今日になってまたスモッグに覆われた??
散々規制してるのに、きれいになっても1日でまた同じことになるわけですか。
その泣ける状態を一言で言えば、北京の立地は近代都市を建設するのにどうやら向いていないんですよ。
今回は、恐らくリハーサルで打ち上げた 花火 の煙がそのまま残ってるものと思われますので(おいおい)、開会式では少しでも大気汚染を軽減する為に花火は止めることですよ。
少なくとも、心構えとしては当然と思います。
2008年07月27日

【中国】格安の氷はどぶ川の水

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080726-OYT1T00004.htm
>悪臭漂う真っ黒な汚水を取水。ろ過して砂などを除去した上で型に入
>れ、化学物質を加えて製氷していたという。

>完成品は外見上、何の異常も見られない仕上がりで、価格は正規の半
>分以下。主に水産物の冷蔵用に売られていたが、細かくして食用氷に
>混ぜて売られていた可能性もある。
・・・何だ。水産物の冷蔵用か、とがっかり(?)したんですが、見事に続きがありました。

>同紙によると、食用氷を製造する市内の業者の大部分が小規模工場
>で、原料の水質の大半が衛生基準を満たしていないという。
東南アジア等で、生水には気をつけていても、オンザロックの氷で腹を下すことがあると聞きますが、まさかその真相はこのようなことだったりして・・・。
そりゃ中国ではミネラルウォーターの半分が水道水を詰めたりした偽物だと言われていますから、氷だってそんなようなものなんでしょう。
この夏、中国へ行かれる方は、水だけ出なく氷にも十分な注意が必要です。特にこの夏は需要が逼迫するでしょうから・・・ああ恐ろしい恐ろしい。

車や工場を規制しても大気汚染が増す中国

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/sports/news/20080726-OYT1T00316.htm
>中国が独自に採用する「空気汚染指数」では、0から100までは
>「空気がきれいな日」と評価されており、「100以下」の達成が目
>標だ。

>規制施行当初の20〜23日は55、65、67、89だったが、
>24日は113、25日も109で「軽微な汚染」となった。
何故か規制初日に汚染度が一旦下がっただけで、その後は順調に上がるんですね。
ちなみに、中国のいう「軽微な汚染」とは先進国ではそれなりにマズかったような・・・。

>市環境保護局の杜少中副局長は25日の記者会見で「雨や風が少ない
>ため」と気象条件を原因に挙げた一方で「一層の努力も必要」と、市
>民生活を犠牲にした対策の効果が上がらないことに焦りものぞかせた。
雨や風が少ない??19日だけは雨が降ったり、都合の良い風が吹いたんでしょうか?

>北京市は、8月8日の開会式に向け、事前に人工的に雨を降らせて雨
>雲を消す準備も進めているが、この「人工消雨」が大気中の汚染物質
>を洗い流す効果も期待されている。
・・・読売は掴んでいないようですが、五月からバンバン「ヨウ素弾」か何かを打ち上げて無理やり雨を降らせて砂塵等を洗い流しているという話です。最近の天気のせいにするのはどうなんでしょう。

思うに、それだけ汚染度が上がるということは、毎日役人のところにお金を持って押しかける人達がいて、見逃してもらえる人達の数が毎日順調に増えてるの「かも」しれません。もう一回見直した方が良いのではないでしょうか。

ウイグルの独立組織が五輪中のテロを予告


アメリカのテロを監視してる企業が、上海でのバス炎上事件や雲南省での路線バス爆破事件等の犯行声明が、ウイグルの独立運動組織から出されたと発表してます。中国だけが掴んだ情報であったなら、握りつぶされていたかも知れません。

>中国国内の五輪関連施設などの目標に対するテロ攻撃を呼びかけ、生物
>兵器の使用も許されるだろうと述べた。さらに世界中で自爆攻撃を実行
>する準備ができており、
あーもう無茶苦茶です。期間中にチベットで沢山の人が死ぬ事件が起きてもやはりオリンピックはどうなるか分かりませんし、無事終わるのか、どうなんでしょうか。
というか、子連れの人はまだ行く気なんでしょうか・・・。
2008年07月05日

北京五輪にイナゴも参加か

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00135992.html
問題山積の中、また問題が持ちあがりました。
北京から北に約300キロ離れたモンゴル自治区でイナゴが大発生したという話です。
動画がありますので見ますと、なるほど、普通に皆が知ってる大発生です。どの方向に飛んで行くものなのかは分かりませんが、競技中に少しでもまとまって飛来すれば脅威でしょうね。走ってる選手の口に入ったり、踏みつけて滑ったりしたら一大事ですから。

>中国当局は、オリンピック閉幕後の8月25日まで、24時間態勢で監視する方針だという。
監視をするのは結構ですが、見張っていても今回は藻のように人海戦術は通用しません。来てしまったら、北京郊外で殺虫剤の空中大量散布をするとか、国際的に非難を浴びかねない荒業を使わないと無理でしょう。
そうなったら風向きの関係で競技をボイコットする選手が続出で、北京五輪が崩壊したりするかもしれません。勿論イナゴの襲来を防げなくても崩壊です。
まあなかなかそういう劇的な方向(ここではイナゴの襲来)には行かないものですが…。

【北京五輪】緑藻騒動、人民開放軍約1万を「災害派兵」か


一応AFPBBでは「作業員」、「兵士や教師から地元ボランティアまであらゆる人々」などと表現されてますが・・・
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00135858.html
青島市は、ボランティアを募って手で回収しており、15日までに一掃するとしている。
FNNでは青島市の募ったボランティアとだけ出ています。
しかし、AFPBBのスライドショーでどの写真を見ても、同じ迷彩のTシャツと半ズボンを穿いた若者達しか写っていません。
そう言えば思い出すのは、あの朝鮮戦争でのふざけた100万人の「義勇軍」です。100万人の軍隊を「義勇軍」と称する厚かましさはあっても、オリンピックの競技を無事行う為、藻を撤去する為に1万人も「出兵」したとは、さすがの中国も恥ずかしくて言えないようです。
もちろん本当の市民もボランティアで入ってるかもしれませんが、平日の昼間な訳ですからそれはせいぜい数百人で、あとは重機関連等、関係する民間会社の人間もいるでしょうが、それ以外は恐らく全て兵士でしょう。
2008年07月02日

五輪ヨット競技開催地、藻の除去に1万人動員


>現在1万人以上が除去作業にあたっているが、除去が終わるまでにまだ
>2週間以上が必要だと伝えた。
その一万人、普段は何をしている人達なのでしょうか(笑)。遠くから人を集めれば、宿だってないでしょうから地元民なのかもしれませんが、地元民達の仕事は放棄状態なのでしょうか?
2週間以上ともなれば、ボランティアというわけにも行かないはずですが、代金はきちんと払われるのでしょうか?
それに、あと2週間というのは藻の再発生を計算に入れていないように何となく思うんですが、本当に終わるのでしょうか?

>トレーニング区域やコースの一部が藻類で覆われているため、現地入
>りしていたセーリング競技選手らはトレーニングが困難になってい
>る。30か国以上の選手が青島でトレーニングを行っていた。
北京も北京ですが、中国近海なんて汚水が流れ込んでいたり、日本まで流れ着くゴミが漂っていたりと、恐ろしくて魚も泳げないようなイメージがあるんですが、よくそんなところで水上競技をやろうなどと思いついたものですね(しかも今から皆で泊り込んでる)。改めて驚きました。
2008年06月29日

北京五輪に新たな問題、ヨット競技がピンチ!?


>青島(Qingdao)の海岸では、砂浜と岸から数百メートル沖までが緑藻で覆われた。

>北京五輪のヨット競技が開催される青島では、別の意味で大きな悩みの種となっている。
今度は自然現象だから、仕方がないと思われるかもしれませんが、

>中国にある淡水湖の多くで発生する藻の繁殖は、合成洗剤や肥料など
>に使用されている窒素を多く含んだ未処理の汚水が主な原因。同国で
>は水路の7割、地下水の9割が汚染されている。
これは淡水湖の話ですが、赤潮も似たような問題ですし、多分そういった原因があるのではないでしょうか。これから暖かくなれば藻ももっと繁殖しやすくなるでしょうから一体どうなるのでしょうか。まあ中国には藻になんか負けそうにない、「人海」戦術がありますから、無理やりどうにかするのかもしれませんが(そう言えばアイスランドかどこかで藻からバイオ燃料を作る研究をしてるなんて話があったような・・・)。

北京五輪の問題と言えば、この間開き直って北京に大気汚染予報機を取り付けたなんて話がありましたが、もしかしたらこの程度ならもう見なれましたので、警報は出ていないのかもしれません。
こんなところでオリンピックを開催しようとするIOCに本当に理性はあるのでしょうか(ないです)。
2008年06月27日

三途の川のタクシー乗り場


この輸出を待つタクシーの一群、もしくは北朝鮮の軍事パレードといった異様な光景は何なんでしょうか。
しかし、世の中のどこの港も(※…中国は除く)、北朝鮮の街中もこんなにどんよりとはしていません。
きっとこれは三途の川の向こう岸の知られざる実態に違いありません(笑)。
単にタクシーが空港で客を待ってるだけらしいのに変に壮絶です。
2008年06月22日

中国が五輪から外国人ハンセン病患者を締め出し

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080619/erp0806191953009-n1.htm
>ジュネーブで開かれていた国連人権理事会は18日、ハンセン病患者
>やその家族に対する差別を重大な人権侵害だとする決議を全会一致で
>採択した。この案は日本政府が提案し、中国やブラジルなど58カ国
>が共同提案国となった。
こうであるにもかかわらず、

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008061900918
>日本財団によると、組織委は6月2日、五輪期間中の外国人の出入国
>に関する「法律指針」をインターネットで公表。この中で、ハンセン
>病患者の入国禁止を掲げた。

>ただ、指針は組織委の方針ではなく、中国の法令がどうなっているか
>を説明したもの。ハンセン病患者の入国禁止は、外国人入境出境管理
>法の実施細則で定められている。
とにかく、とにかく問題が出てきますね。細かい点かもしれませんが、こういうことは開催地の審査を行う段階で調べるべきなのではないでしょうか。
ハンセン病患者への差別根絶の決議に共同提案国になっておきながらこの状態の中国も、何を審査してたのかよく分からないIOCもどうしようもないです。
タグ:北京五輪
2008年06月19日

チベットでの聖火リレーは6月21日と決定


一応妨害活動を警戒してではなく、四川大地震の影響と言ってますが、元々3日間の予定が1日になってます。
昔のこととは言え、120万人が殺されても(チベット亡命政府側の発表)世界的に大した注目を集めなかったのに、五輪を前にした時期に20数名が中国側に殺されただけで大騒ぎでした。言ってみれば、彼らにとって中共の非道を訴える数十年に1度の絶好の機会な訳です。
揚子江イルカではなく、チベットカモシカをマスコットにしてる時点で、中国にとっても、チベットにとってもオリンピックは政治問題です(元々政治的な面を持つので皇太子殿下も今回は行かれません)。
チベットの人達は独立、もしくは高度な自治を手に入れるためにどのような道筋を描いているのでしょうか。今回、それが見えてくるかもしれません。

北京五輪の為の大気汚染予報システム


>北京近郊の大気汚染物質を分析し、事前に汚染レベルを予測できる。
>このため、深刻な大気汚染が見込まれる場合にも、当局が対策措置を
>導入する時間的猶予がもてるという
・・・要するに大会期間中に深刻な大気汚染があるかもしれないわけですね。当然そうだろうとは思っていましたが。
どこで読んだか忘れましたが、北京の辺りは空気が流れて行かずに留まってしまうので大気汚染が深刻だと書いてありました。なので、恐らく汚れた空気の留まり方を観測することで予測を立てるシステムだと思います。

>北京五輪の期間中は北京の300万台以上にのぼる車両の約半数の市内乗
>り入れを禁止し、近郊工場の稼働停止、建設作業の中止などの措置を
>とる予定だ。
それだけやってまだ大気汚染の警報が出れば、もう出来ることと言えば原則車の通行を禁止することくらいしか残ってないじゃないですか。
そこまでしなくてはならないところでスポーツの大会を開くのにはやはり無理があります。決めた人達の責任はきちんと問われるのでしょうか?IOCというのはあまりに不思議な組織です。
タグ:北京五輪
2008年06月07日

聖火リレーではなくIOCと中国のあり方が検討されるべき

http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-torch/2401410/3003094
>ロゲ会長は「不幸なことながら聖火リレーは抗議団体に利用され、暴
>力的な場と化した。北京五輪の総括では聖火リレーの評価も行うこと
>になるだろう」と語った。
おいおい、IOCのあり方こそ検討が必要でしょう。誰のせいであんなスモッグの街で競技なんてやる羽目に・・・。
大体、暴力的な場も何も、中国とチベット自体暴力の場だというのに何を言ってるんでしょうか。
しかも、揚子江イルカではなく、チベットカモシカなんて北京五輪のマスコットに使って中国側から挑発してます。
検討なんてしたって皆の前で走る以上、派手に護衛するかしないかの話でしかないでしょう。それともまさか今後はこっそりやるつもりでしょうか。

とにかく、チベットの抗議者ではなく、IOCと中国こそどうにかすることが必要で、チベットは基本的に救われる側です。
公式にIOCをどうにかしろと騒ぐ人もいませんし、世界的に何かが終わってます。

選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! (別冊宝島 1508 ノンフィクション)
選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! (別冊宝島 1508 ノンフィクション)
おすすめ平均
stars笑えます
starsタイトルが全てを語っています
starsもっとひどい
starsひとまず、知識として
stars凄い真実!!凄すぎて信じられない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠
北京五輪に群がる赤いハゲタカの罠浜田 和幸

祥伝社 2008-02-01
売り上げランキング : 158833

おすすめ平均 star
star激流の国際社会で日本の進むべき道
star北京五輪とベルリン五輪の類似性

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【チベット問題】洞爺湖サミットでダライ・ラマvs中国政府か

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/151072/
>7月の北海道洞爺湖サミットで、中国政府とチベット仏教のダライ・
>ラマ14世の直接対話を実現させようと、全国の僧侶16人が18
>日、「宗派を超えてチベットの平和を祈念する会」を設立する。

>同じ仏教徒として、惨状を見過ごすことはできない

>天台宗や真言宗など、宗派を超えた全国の数百人の僧侶が参加する予
>定。サミットでの対話を実現させるため、すでに首相官邸や中国大使
>館などに依頼状を送ったという。サミット後もチベット仏教の現状を
>訴える活動を続ける。
日本の坊さん達も結構やるじゃないですか。数百人の僧侶が参加しての洞爺湖での中国政府への抗議行動を見てみたいです。中国側はチベットでのように、そして法輪功のように取り締まるわけにはいきませんし、それだけの坊さんが集まって何かを訴えれば国内的に一大インパクトです。
まあダライ・ラマと中国政府の直接会談の実現は困難のように思えますが、日本人がそれだけ組織的にそれを目指すだけでも大変素晴らしいと思います。頑張っていただきたいです。

北海道洞爺湖サミットガイド 保存版―Hello北海道!
北海道洞爺湖サミットガイド 保存版―Hello北海道!
産經新聞メディックス 2008-04
売り上げランキング : 59711


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国はいかにチベットを侵略したか
中国はいかにチベットを侵略したかMikel Dunham 山際 素男

講談社インターナショナル 2006-02
売り上げランキング : 4124

おすすめ平均 star
star驚愕の真実
star知らなくてはならない真実
star次は我が身かもしれない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2008年05月29日

【北京五輪】北京の大気汚染、絶頂期到来


2008/5/27現在、北京の大気汚染のレベルが最高値を記録したとのこと。
とてつもない汚染源だった製鉄所が北京から追放され、随分マシになったと聞いていたんですが・・・
>政府は気管支系の疾患を持つ住民に対し、外出を控えるよう注意を促している。
そう言えばマラソン選手の気管支系の弱い人が辞退するかもなんて言ってましたが、どうするんでしょうか(※マラソンに出るのは止めて10キロレースか何かに出るらしいです)。
オリンピック開催期間内は、北京市内の工事を全部中止させ、車の通行もかなり規制するという話でしたし、後者に関しては試験的に実施した結果それなりの有効性が証明されたという「自己申告」があったはずですが、改めて(かなんだか分かりませんけど)開催地の資格を問うなら、勿論これでは無理でしょうね。

北京五輪開催まで・・・・あと73日!


見ての通りAFPBBで写真が貼ってあるんですが、空に浮かぶ月のようなものが朝日らしいですよ。誰が信じるのか知りませんが。
・・・朝からこれで工場が本格稼動したり、道が車で混雑し始めたら一体どうなるの?人類は生存可能な状態なんでしょうか??鉄郎が機械の体を求めて旅立つ日の地球よりもっと凄い状態です。人類はここまで地球を汚すことが出来るんですね。

北京五輪開催まで・・・・あと64日!

中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 (12))
中国の環境問題 今なにが起きているのか (DOJIN選書 (12))井村 秀文

おすすめ平均
stars環境本では久しぶりに収穫があった良書かも
stars星いつつの書
starsアジア発展のための冷静な視点
stars気軽に読めて、アジアの未来を考えさせられる
starsビジネス、行政、中国研究など、様々な分野の人にお勧め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中国の空・日本の森 (G‐SEC Eyes)
中国の空・日本の森 (G‐SEC Eyes)橋本 芳一

慶應義塾大学出版会 2004-03
売り上げランキング : 974070


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2008年04月24日

北京五輪マラソン、真っ黒になるのはウェアだけな訳はなく…

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/139214/
先日北京で行われた五輪のテストマラソンの件です。走り終わった後、雨で濡れたウェアが真っ黒になっていたそうですが、ウェアだけで済むわけがありません。
元々北京は夏でもマフラーを口に巻いて歩かないと鼻の穴が真っ黒になったそうです。今ではその主な汚染源だった巨大な製鉄所が郊外に移転させられ、また、オリンピック本番では大規模な交通規制が行われるとの事なので、大気汚染は随分緩和されることと思います。しかし…下手をすれば肺の中まで真っ黒けですよ。勿論北京でもプロスポーツが行われていたり、沢山の人達が日々運動していることでしょうから、大丈夫なことは大丈夫なんでしょう。しかし、わざわざそんなところでトップ選手が集まるオリンピックを開かなくても…と少々呆れます。あそこは水も食料も…ですからね(毒ギョウザ事件もウヤムヤだし…)。
幾つもの国が汚染の選手の競技能力への負の影響を恐れ、直前の合宿を日本や韓国で行って現地入りは直前にするそうです。また、アメリカは選手の全食料(多分水も)と、ついでに調理器具まで空輸するなどと言ってます。
今回は、息を吸い、水を飲み、物を食べること自体がサバイバルというとんでもないオリンピックとなるようです。
…ん?水泳のプールの水は大丈夫なんでしょうか?水は汚染されまくりで皆水は買って飲むとの事らしいですが…(その買って飲む水も半分は偽物とか…)。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。